アロマテラピーインストラクター資格試験をスクール講師が徹底解説

アロマテラピーインストラクター資格試験をスクール講師が徹底解説
The following two tabs change content below.

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

福島県会津若松市の、My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

アロマテラピー検定1級に合格し、アドバイザー資格を取得した方が、アロマのプロとして活動するために、次に目指すのが、アロマテラピーインストラクター資格です。

この資格は、アロマテラピーの講師として活動するために必要な資格ですが、その試験範囲は多岐に渡り、難易度も高い資格だと言えます。

そこでこの記事では、アロマテラピーインストラクターを目指す方が、AEAJの資格試験を受験する上で、知りたいと思われる以下の内容について、まとめてお伝えしていきます。

  • インストラクター資格とは?
  • 資格試験の難易度と合格率
  • 合格するのための勉強法
  • スクール受講の費用について
  • 養成講座を選ぶ際の注意点
  • インストラクターの仕事や求人

この記事をご覧いただければ、アロマテラピーインストラクター資格を取得ための、進むべき道筋が見えてくることでしょう。

 

アロマテラピースクール マイアースの紹介

アロマテラピーインストラクター資格とは

アロマテラピーインストラクター資格とは

まずは、(公社)日本アロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターがどのような資格か、その内容からお話ししていきます。

ここでは、重要な点だけに絞り込んで紹介するので、ご存知の方もよみとばさずに、確認してみて下さい。

 

アロマインストラクター資格とは

まずは、AEAJで紹介されてる、インストラクター資格の要点だけ抜粋して紹介しますね。

アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。

精油の専門知識に加え、健康学や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得し、アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。

AEAJ参照:アロマテラピーインストラクターとは

ポイントは、「安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力」です。

ですから、アロマテラピーアドバイザーのように、アドバイスや助言をするのではなく、アロマテラピーの指導ができる専門人材としての認定となります。

 

恵美

一言でいえば、協会認定のアロマテラピー講師となる資格です。

 

資格取得のために必要なこと

それでは、実際にアロマテラピーインストラクター資格を取得するために必要な手続きを、順に見ていきましょう。

まず、インストラクター試験を受けるためには、受験条件を満たす必要があります。

■受験条件

  • AEAJの会員であること
  • アロマテラピーアドバイザー資格の取得
  • スクールでのインストラクター必須科目履修

■取得条件

  • アロマテラピーインストラクター試験に合格
  • インストラクター資格申請の手続き

 

恵美

アロマテラピー検定1級に合格したら、インストラクター試験を申し込むまでに「受験条件」を満たす必要がありますよ。

いざ受験しようと思ったら、AEAJへの入会や、アドバイザー資格の取得を忘れていた!なんてことが無いように、ご注意くださいね。

 

インストラクター資格で「できること」

アロマテラピーインストラクター資格を取得することで、「できること」についても、お話ししておきましょう。

この資格はアロマテラピーの講師としての資格ですので、有料、無料に関わらず、アロマテラピーの講師(指導)をするために必要になっています。

ですから、自宅や公共の施設での、アロマ教室の開催はもちろん出来ますし、アロマテラピーの講演会や講義なども可能です。

その他、「アロマ検定対策講座」、「アドバイザー認定講習会」「インストラクター養成講座」などの講師もできます。

※AEAJからの依頼で講師を務めた『親子で楽しむアロマ教室』の様子
親子で楽しむアロマ教室でのインストラクター

 

恵美

当スクールでは、小学校や幼稚園でのアロマ教室や、高齢者向けの「認知症予防のアロマ教室」なども開催していますよ。

香育(こういく)」はAEAJでも積極的に推進している事業です。地域に根差した活動が出来ると嬉しいですよね。

 

クリックして講師プロフィールへ アロマスクール マイアース スタッフ紹介

AEAJアロマインストラクター試験の概要

AEAJアロマインストラクター試験の概要

ではここからは、AEAJが開催しているアロマテラピーインストラクター試験について、整理してお話ししていきましょう。

 

インターネット試験と開催時期

2020年より、AEAJではアロマテラピーインストラクター試験を、インターネット試験に変更しており、年に2回、3月末と9月末に開催しています。

インターネット試験は、ご自宅のネット環境を使って、パソコンやスマートフォンで、選択回答式の問題に答えていく受験形式となります。

どちらも申込期間が、前月の初旬2週間程度と、とても短いので申し込み忘れの無いように、特に注意しましょう。

  • 3月末開催(申込期間:2月初旬~2月中旬)
  • 9月末開催(申込期間:8月初旬~8月中旬)

なお、合否の通知は、試験の翌月に郵送で届きます。

 

恵美

ここでは、あえて必要な点だけに絞って紹介していますので、開催時期の詳しい内容は、こちらのAEAJインストラクター試験の詳細を確認してくださいね。

 

試験範囲と内容について

アロマテラピーインストラクター試験では、以下の試験範囲より出題されます。

  1. アロマテラピー検定1級 公式テキスト
  2. アロマテラピーアドバイザー認定講習会 公式テキスト
  3. アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト 公式テキスト(共通カリキュラム編)
  4. アロマテラピーインストラクター公式テキスト(独自カリキュラム編)

1,2のテキストは、すでにアロマテラピーアドバイザー資格を取得していれば、学習済みの内容となります。

インストラクター試験に向けて、新たに追加となった試験範囲は、3、4のテキストです。

※アロマテラピーインストラクター公式テキストの写真(3と4の2冊)
アロマテラピーインストラクター3,4公式テキストの写真

 

公式テキストと問題集について

上記の試験範囲から、アロマテラピーインストラクター試験について学ぶ上で、公式テキストが4冊必要なことは、お解りいただけたことでしょう。

特に1と2は、すでに学習済みのテキストですが、実際のインストラクター試験の問題は、アロマ検定よりも格段に難しいので、その点は注意してください。

その上で、3と4の公式テキストが2冊追加されるという感じです。

なお、インストラクター試験については、アロマテラピー検定のように、協会から出版されている「公式問題集」などはありません。

 

恵美

2冊ある公式テキストの内容については、詳しくはこちらの「アロマテラピーインストラクター試験の公式テキストと問題集の使い方」で解説していますよ。

テキストでどんなことを学ぶのかも、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

試験の難易度と合格率

これは、アロマテラピー検定の難易度や合格率を、解説する際にも書きましたが、一言でいえばアロマテラピー検定は「合格させるための試験」です。

ですから、合格率は90%ととても高いですし、正答率も80%と比較的優しい検定試験です。

ですが、アロマテラピーインストラクター試験は「落とすための試験」だといえるでしょう。そのため以前は、合格率がおよそ30%程度だといわれ、とても難易度が高い試験でした。

ただ、2017年に大きな試験改革が行われ、現在では合格率が70%程度まで上がっています。

詳しくはこちらの「講師がアロマテラピーインストラクター試験の難易度や合格率を解説」で、その経緯をご覧ください。

※合格した生徒さんとアロマテラピーインストラクター認定証
合格した生徒さんとアロマテラピーインストラクター認定証

 

クリックするとオンライン講座一覧へ オンラインのアロマテラピー講座も開催

インストラクター試験の勉強法

インストラクター試験の勉強法

それでは、アロマテラピーインストラクター試験の勉強法について、詳しく解説して行きましょう。

 

独学で勉強して受験が可能か?

先程、アロマテラピーインストラクター試験の受験条件のところでも少し触れましたが、この試験を受けるためには、「スクールでのインストラクター必須科目履修」が必要です。

ですから、アロマテラピー検定のように、独学だけで受験することは出来ません。必ず、スクールで「指定科目」を「指定時間」履修する必要があります。

インストラクター試験を受験するために、最低限定められた履修科目が「必須履修科目」と呼ばれる内容です。

そして、インストラクター試験の全ての範囲を学ぶのが、「標準カリキュラム」と呼ばれるものです。これはどちらのスクールに参加しても、協会で定められた学習範囲を、学ぶこととなります。

 

恵美

あくまで、試験範囲は「標準カリキュラム」の内容となりまから、その点はご注意くださいね。

スクールでは、指定科目を受講すると「履修証明書」を発行します。その用紙を、インストラクター試験の申し込みの際に提示して、受験できるようになるのです。

 

標準カリキュラムと必須履修科目

では気になる、「標準カリキュラム」と「必須履修科目」について、違いや要点を見ていきましょう。

全てではありませんが、それぞれのカリキュラムで学ぶ内容を、書き出してみますね。

■標準カリキュラム(全48時間以上)
 アロマテラピーの歴史、解剖生理学、ボランティア論、健康学、ストレスとメンタルヘルス、精油学各論、アロマテラピー教育など

■必須履修科目(全25時間以上)
 精油学各論、アロマテラピー教育など

ご覧いただいてお解りのように、「標準」と「必須」で共通する部分は、アロマテラピーの精油や、講師として教育に携わる上で必要な知識のみです。

※インストラクター養成講座の解剖生理学のノート
インストラクター養成講座の解剖生理学のノート

 

恵美

その点から言えることは、「医療系の専門知識をすでにお持ちの方(例:看護師さん等)は、必須履修科目だけ受講して、あとは自分で勉強すれば大丈夫ですよ。」ということです。

詳しくはこちらの「アロマテラピーインストラクターの必須履修科目と標準カリキュラムの違い」をご確認くださいね。

 

インストラクター試験対策の勉強法

ここまでの解説でもお解りのように、アロマテラピーインストラクター試験の勉強には、アロマスクールに参加して、「標準カリキュラム」か「必須履修科目」を受講する必要があります。

その上で、先の1と2のアロマ検定関連の公式テキストを見直しつつ、2と3のインストラクター公式テキストの内容を、シッカリと身に付けていく感じです。

基本的には、標準カリキュラムを選択すれば、試験範囲の内容は全て学べるので、講座の予習、復習が勉強の中心となるでしょう。

必須履修科目のみ受講して受験さる方は、公式テキストの未学習の範囲を独学で学びつつ、参考文献などを見ながら学習を進めいく感じです。

※インストラクター試験用の参考文献
インストラクター試験用の参考文献

 

恵美

参考文献は、テキストの後半で詳しく紹介されていますよ。基本的に医学書なので、少し難しい本が多いですね。

こちらの「教えるつもりで学ぶアロマテラピーインストラクター試験勉強法」では、スクールの養成講座で実践している勉強法も、実例を挙げて紹介していますよ。

 

インストラクター資格取得に掛る費用

インストラクター資格取得に掛る費用

実際に、アロマテラピーインストラクター資格の取得にかかる費用について、ここから詳しく見て行きましょう。

 

スクールの養成講座の価格帯

まずはスクールで開催されている、インストラクター養成講座の受講料について、一般的な価格帯を紹介します。

  • 標準カリキュラム(15万円~19万円程度)
  • 必須カリキュラム(7万円~13万円程度)

この金額は、ネットに公表されている、アロマスクールの価格を調べて記載しています。

ですから、スクールで勉強する際の、おおよその費用だと思ってご覧ください。

 

養成講座の価格を見る時の注意点

各アロマスクールの、インストラクター養成講座に掛る費用を確認する上では、いくつか注意点があります。

  • テキスト代が含まれているか?
  • 講座の学習時間と学習内容は?
  • 実習用の教材が含まれているか? 

殆どの講座は、価格は手ごろな受講料のみの講座か、受講料も教材も全てが含まれた講座という、2種類に大別できるようです。

ですから、価格だけ見るのではなく、学習時間教材の有無学習内容などを詳しく調べて、総合的に検討するように心掛けてください。

履修項目は協会で決められていますが、スクール独自のカリキュラムを設けている講座ほど、学習時間が長く設定されている傾向があります。

 

恵美

短期集中、低価格で、すぐに受けれる、と言われれば、それはとても魅力的ですよね。でも、合格率30%の試験に挑むのですから、急がず、慌てず、ジックリと内容を精査しましょう。

スクールごとに違うオリジナルのカリキュラムは、そのスクールの特徴を表しているので、その点もチェックしたいですね。

 

インストラクター試験と資格申請に掛る費用

もちろん、アロマテラピーインストラクター試験にも受験料が掛かりますし、合格後は資格申請にも費用が掛かります。

ですから、その点も忘れずに考慮しておきましょう。

  • アロマテラピーインストラクター試験受験料:5,236円(税込み)
  • アロマテラピーインストラクター資格登録認定料:10,450円(税込み)

この資格申請料とは別に、AEAJの年会費が12,000円(不課税)掛かり、更新を行わないと資格が失効してしまいます。

 

恵美

アロマテラピーインストラクター資格を得るためには、これだけの費用が掛かりますから、多くの方が、その後にインストラクター資格を活かすことを考えて、本気で資格の取得を目指しています。

 

スクールの講座を選ぶ際の注意点

スクールの講座を選ぶ際の注意点

それなりに費用が掛かる、スクールでのカリキュラム受講ですが、そんなスクール選びで失敗しないように、いくつかの注意点をお伝えしておきます。

 

講師の人柄や相性も重要

意外と多いのが、アロマテラピーインストラクター養成講座で、講師との相性や人間関係で問題が起きて、スクールを続けられなるケースです。

スクールの標準カリキュラムを受講しようと思えば、少なくとも48時間は、特定の講師の講座を受けることになりますし、必須カリキュラムでも、最低25時間は受講することになります。

そんな時に、講師と初対面で相性が合わなかったり、後でいざこざが起きてしまうと、一番つらいのは受講生自身です。

ですから、スクールに申し込む際には、事前にメールで不明点を問い合わせたり、ネットで配信してる、その方の情報をなどをチェックして、心から安心できるスクールに申し込みましょう。

 

恵美

私のスクールでは、他のスクールの受講生から、相談を伺うことも在りますから、くれぐれも注意してください。

 

講師の経験がとても大切

あなたが、アロマテラピーのインストラクターとして、将来積極的に活動したいと望まれるなら、講師としての経験を積んだ方に、教わるように心掛けましょう。

アロマテラピーインストラクター資格の、認定者数は2020年3月時点で、31,989名が登録されていますが、実際にインストラクターとして活躍できている方は、本当にごく一部の方に限られます。

これは多くの方が、インストラクターの資格は取ったものの、その後の資格の活かし方が解らないまま、立ち止まってしまうからです。

ですから、そんな将来的なことまで相談できそうな、経験を積んだインストラクターを探して、スクールでの講座受講の際に相談してみましょう。

 

どんな実習をおこなうのかもチェック

アロマテラピーインストラクターの養成講座では、協会の規定により、実習をおこなうことが取り決められています。

これはオンラインの養成講座でも、必ず行わなくてはならない履修項目ですが、どのような実習をおこなうのかは、そのスクールに一任されているのが実情です。

ですから、インストラクターとしての、実践的な技量を身に付けたいとお考えなら、そのスクールの講座で、どのような実習を、どのぐらいおこなうのかチェックしましょう。

折角、インストラクターの養成講座に参加したのに、インストラクターになった後で、「アロマ教室をどう開催すれば良いのか解らない。」では意味がありません。

※アロマテラピーインストラクター養成講座の実習の様子
アロマテラピーインストラクター養成講座の実習の様子

 

恵美

あと、受講料に実習の器材や資材が、含まれるのかもしっかりチェックしておきましょう。

講座に申し込んだ後で「実習用の器材や資材は、自分で用意してください。」と言われたら、予定外の費用を負担することになり大変です。

 

インストラクターの仕事や求人について

インストラクターの仕事や求人について

では最後に、アロマテラピーインストラクター資格を取得後の活動について、少しだけ触れておきましょう。

アロマテラピーを、仕事にしたい方もいらっしゃると思いますので、インストラクターとしての仕事や求人、独立についてのお話しです。

 

インストラクターの求人が在るか?

結論から申し上げると、アロマテラピーインストラクター資格を指定して、求人募集を行っている業種はさほど在りません。

ですから、アロマテラピーインストラクターとなったからと言って、その資格をもとに就職をお考えだと、正直難しいと言わざる得ないでしょう。

ですがごくまれに、アロマテラピーインストラクターの「外部講師」を、募集しているスクールはあるようです。

それ以外でも、アロマテラピーの資格保有者を募集している、個人医院などはありますから、そのような求人ならアロマの知識も活かせるでしょう。

 

仕事で資格を活かせるのか?

アロマテラピーのインストラクター資格と限定してしまうと、講師として活躍できる場所は、ほんとうに少ないかもしれません。

ですが、先ほどの求人にもあるように、医療系の会社では、比較的アロマテラピーの知識を必要としている仕事があります。

ですから、講師の仕事に拘らずに、まずはアロマテラピーの専門家として、資格を活かせるように考えてみて下さい。

その経験や実績が、おのずと講師としての自信になり、いずれはインストラクターとしての仕事を得るための、基盤になるといえるでしょう。

 

恵美

インストラクターとしての求人や仕事については、こちらの「【質問】アロマテラピーインストラクターの求人や仕事があるの?」で、さらに詳しくお話ししています。

もちろん、独立して活動するときに大切なことなども、お伝えしていますよ。

 

独立開業をする上で必要なこと

アロマテラピーインストラクターを仕事にする上で、最も身近なのは、自分でスクールを運営して、アロマ教室を開催できるようになることです。

もちろん、独立開業してすぐに、それだけで生計を立てることは、なかなか難しいと言わざる得ないでしょう。それは、アロマテラピーに関わらず、どんな業種でもいえることです。

でも自分のできる範囲内から、マイぺースに講師としての活動を始め、いずれは教室として運営できたなら、それでも立派なアロマスクールだといえます。

ですから、そんな将来的なことも考えつつ、アロマテラピーインストラクター資格取得を目指してください。

※地域の公民館で開催したアロマ教室
地域の公民館で開催したアロマ教室

 

恵美

私のスクールでも、こちらの「アロマテラピーインストラクター養成講座【オンライン開催】」で、養成講座を開催しています。

よろしければご覧くださいね。

 

 

恵美

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点などは、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいね。

アロマテラピー検定パーフェクトセット

嬉しい声が続々と届いていますよ♪
ご利用いただいた方の感想はこちら