アロマテラピーインストラクターの必須履修科目と標準カリキュラムの違い

The following two tabs change content below.

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

福島県会津若松市の、My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

アロマテラピーのインストラクター試験の勉強には、アロマスクールで必ず学ばなければならない「必須履修科目」が在ります。

でもそれとは別に、多くのアロマスクールが、インストラクター養成講座として、「標準カリキュラム」の講座を開催しています。

スクールで学ぶ必要があることは解るけど、この「必須履修科目」「標準カリキュラム」では、実際のところ何が違うの?

今回の記事では、これからAEAJのアロマテラピーインストラクター試験の勉強をする方に、「必須履修科目」と「標準カリキュラム」の違いについてお話しします。

自分が「必須履修科目」だけで、試験勉強ができるのか、それとも標準カリキュラムの講座を受ける方が適しているのか?その判断材料としてご覧ください。

 

アロマテラピースクール マイアースの紹介

必須履修科目と標準カリキュラムとは

必須履修科目と標準カリキュラムとは

まずは基本的な、アロマテラピーインストラクター試験の勉強について説明しつつ、この「必須履修科目」と「標準カリキュラム」についてお話ししましょう。

 

「必須履修科目」とは

現在、(公社)日本アロマ環境協会では、アロマテラピーインストラクター試験を、年に2回インターネット試験として開催しています。

その試験を受けるためには、あらかじめ協会認定のアロマスクールにて、定められた講座を履修する必要がありますが、それが「必須履修科目」です。

インストラクター試験の範囲は、あくまでAEAJが出版している公式テキストですが、「規定の箇所は必ずアロマスクールで受講しなさい。」ということです。

ですから、アロマテラピーインストラクター試験については、同協会のアロマテラピー検定のように、独学だけでは受験できないということです。

 

恵美

必須履修科目には、実習なども含まれていますよ。実際に精油を使って楽しみながら勉強して行きましょう。

 

「標準カリキュラム」とは

必須履修科目が、アロマテラピーインストラクター試験を受けるために、アロマスクールで学ばなければならない、最低限のカリキュラムであるのに対して。

試験範囲の学習内容を、全てアロマスクールで学ぶものが、「標準カリキュラム」となります。

厳密に申し上げれば、「必須履修科目」の内容も、「標準カリキュラム」の内容も、AEAJにて厳しく定められているのです。

ただ、「必須履修科目」が、どのスクールでも一律の内容であるのに対して、「標準カリキュラム」は、各スクール独自の履修内容なども含まれています。

 

クリックして講師プロフィールへ アロマスクール マイアース スタッフ紹介

必須履修科目と標準カリキュラムの違い

必須履修科目と標準カリキュラムの違い

それは詳しく「必須履修科目」と「標準カリキュラム」の違いについて確認して行きましょう。

ちなみに、ここでは当スクールで開催している、アロマテラピーインストラクター養成講座の内容をもとに、解説をしています。

 

「必須履修科目」の学習内容

必死履修科目は、以下の学習内容について25時間以上を掛けて、協会認定のアロマスクールで学びます。

アロマテラピーインストラクター試験の、受験条件を満たすための学習内容です。

標準カリキュラムのうち、アロマテラピーインストラクターになる上で必要な実践分野や体験的学習科目として定められた4科目のみを認定スクールで学習していただきます。

必須履修科目を修了すると、アロマテラピーインストラクター試験の受験条件を満たすことができます。

AEAJ参照:アロマテラピーインストラクター学習内容

<学習科目:25時間以上>

  • 精油を深める(7時間以上)
  • 精油のプロフィール(7時間以上)
  • アロマテラピー利用法(6時間以上)
  • アロマテラピー教育(5時間以上)

 

「標準カリキュラム」の学習内容

標準カリキュラムは、アロマテラピーインストラクター試験範囲の内容を48時間以上かけて、全て協会認定のアロマスクールで学びます。

出題範囲の全てを、より実践的に学ぶための学習内容です。

アロマテラピーインストラクターが身に付けるべき知識、能力を体系的に学ぶカリキュラムで、 標準カリキュラム(管理学習時間)全てを認定スクールで履修していただきます。

AEAJ参照:アロマテラピーインストラクター学習内容

<学習科目:48時間以上>

  • アロマテラピーの歴史(1時間以上)
  • 解剖生理学(9時間以上)
  • タッチング論(1時間以上)
  • ボランティア論(1時間以上)
  • アロマテラピーに役立つ素材(2時間以上)
  • 健康学(5時間以上)
  • ストレスとメンタルヘルス(2時間以上)
  • ホスピタリティとコミュニケーション(2時間以上)
  • 精油を深める(7時間以上)※
  • 精油のプロフィール(7時間以上)※
  • アロマテラピー利用法(6時間以上)※
  • アロマテラピー教育(5時間以上)※

※必須履修科目と共通

 

恵美

ここで記載されている、必須の25時間や標準の48時間は、あくまで最低限とされる規定時間であり、多くのスクールではさらに独自の学習内容が含まれますね。

 

2種類のカリキュラムの違い

必須履修科目と標準カリキュラムの、それぞれの学習科目を見ていただくと、お解りいただけるように、必須履修科目となっているのは、アロマテラピーに関する専門科目です。

標準カリキュラムでは、医療分野に該当する学習項目である、解剖生理学、タッチング論、健康学、ストレスとメンタルヘルス、などが含まれており。

さらには、ボランティア論やホスピタリティとコミュニケーションなどの、人との関係性の構築や、社会貢献に関する項目を学ぶこととなります。

標準カリキュラムでは、インストラクター資格取得後に、現場で活躍するために特化した、専門知識を学ぶといっても良いでしょう。

 

クリックするとオンライン講座一覧へ オンラインのアロマテラピー講座も開催

それぞれのカリキュラムが適している人

それぞれのカリキュラムが適している人

「必須履修科目」と「標準カリキュラム」のそれぞれの内容については、お解りいただけたことでしょう。

ではどのような方が、それぞれでの受験に適しているのか、解説していきます。

 

必須履修科目での受験が適している人

必須履修科目では、標準カリキュラムに含まれているような、医療系の知識や、現場でのコミュニケーション技術については、スクールで学びません。

それらの内容は、テキストや参考文献をもとにした、自学自習となります。

ですから、すでに下記の様な職業についており、すでに専門分野の知識と経験がある方なら、必須履修科目の受講だけでも、インストラクター資格試験の合格は可能でしょう。

  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • 鍼灸・整体師
  • スポーツトレーナー

 

恵美

医療系の方なら、すでに専門学校や大学などで、医療の専門知識を学ばれていますし、実際にカウンセリングなどのコミュニケーションスキルもお持ちでしょう。

なので、それらの知識や技術をお持ちの方は、自分でテキストを基におさらいしてください。っといった感じです。

 

標準カリキュラムでの受験が適している人

先の内容からもお解りのように、医療系の知識や経験がない方は、「標準カリキュラム」を選択して、アロマスクールで学ぶ方が適しているといえます。

もちろん、公式テキストをもとに自学自習をすることでも、インストラクター試験に合格できない訳ではありません。

ですが、テキストにも記載があるように、参考文献を使った学習など、かなり精力的に専門的な学習を進める必要がありますから、その点だけは意識した方が良いでしょう。

ですから以下のような方は、特に標準カリキュラムを受講して、試験に臨むことをお勧めします。

  • 医療系の知識や経験がない人
  • 計画的に勉強することが苦手ない人
  • 学習意欲を持続させることが難しい人
  • 自学自習での受験に自信が無い人

 

アロマスクールでの必須と標準の受講料

アロマスクールでの必須と標準の受講料

必須履修科目の講座と、標準カリキュラムの講座では、受講時間が倍ぐらい違いますから、もちろんアロマスクールで掛かる費用も違ってきます。

その点について、大切なことをお話ししておきましょう。

 

必須は標準の半分の時間

多くの認定スクールで開催されている、アロマテラピーインストラクター養成講座には、大抵、必須履修科目の講座と、標準カリキュラムの講座があります。

費用的なことを申し上げるなら、多くのアロマスクールで、必須履修科目は、標準カリキュラムの半分ぐらいの受講料で受けられるでしょう。

これは単純に、内容と時間が半分だからです。

必須履修科目が25時間以上、標準カリキュラムが48時間以上、と決められているので、単に受講料のみを考えれば、それと同じぐらい差が出るということです。

 

実質的には必須は6~7割の受講料

ただ、ほとんどのスクールの受講料には、実習の教材やテキスト代が含まれていますし、標準カリキュラムのみの割引などもあるでしょうから、実際には半分とはなりません。

標準カリキュラムを10とすると、必須履修科目の講座は、その6~7割ぐらいの受講料となると思ってください。

さらに、標準カリキュラムについては、そのアロマスクール独自の講座なども含まれていますから、なおさら標準カリキュラムの講座の方が、内容が充実していたりします。

ですから、必須か標準かに関わりなく、まずはそのスクールの講座内容を確認してから、価格を含めて検討すると良いでしょう。

 

恵美

スクール独自の講座には、講師として活躍する上での実践的な内容が多く含まれています。ですから総合的に見ると、標準カリキュラムの方がお得だったりするのですよ。

 

結論として必須と標準のどちらが良いの?

結論として必須と標準のどちらが良いの?

では最後に結論として、アロマテラピーインストラクター試験の勉強をするなら、必須履修科目と標準カリキュラムのどちらが良いのかを、お話ししましょう。

これはあくまで、私のスクールで開催している、アロマテラピーインストラクター養成講座を基にお話しします。

 

資格取得後に仕事にしたいか?

アロマテラピーインストラクター資格を取得することが目的で、その後に資格を活かして活動する予定が無いのなら、必須履修科目だけでも良いでしょう。

でも、インストラクター資格を取得後に、その資格を仕事で活かしたいとか、講師としてアロマ教室を開催したい、いずれは独立開業したいとお考えなら、標準カリキュラムがおすすめです。

というのも、あくまで必須履修科目は、インストラクタ―試験を受けるための、最低限の講座であり、それ以上の内容は含まれていないからです。

でも、標準カリキュラムの講座には、講師としての活動を見据えた内容が、多く含まれています。ですから、資格を取った後のことを考えているなら、標準カリキュラムの方が良いでしょう。

 

資格試験の合格率について

そしてもう一つ重要なことは、インストラクター試験は、アロマテラピー検定に比べると、比較的難易度が高く、合格率が低い資格試験だということです。

必須でも標準でも、本気で勉強に取り組まないと合格は出来ませんし、必須履修科目だけだと、さらにシッカリと自主学習を重ねる必要があります。

2017年のインストラクター試験の改訂によって、現在では合格率が70%程度まで上がっているようですが、それでも気は抜けません。

ですから、難関を越える覚悟をもって、集中的に勉強に取り組まなければ、必須と標準のどちらでも、合格すること難しいと思ってください。

 

恵美

最近のインストラクター試験の難易度や合格率については、こちらの「講師がアロマテラピーインストラクター試験の難易度や合格率を解説」で詳しく解説していますよ。

 

スクールでの実際のところは?

私のスクールの生徒さんは・・・と言いますと、現役の看護師さんも含め、圧倒的に「標準カリキュラムコース」を選ばれる方が多いです。

やはり、体系的にちゃんとスクールで学んだ方が、安心と考える方が多いようです。そして私としても正直言うと、「標準カリキュラム」の受講をおすすめします。

というのも、「標準カリキュラム」の受講生に対しては、最後に実力診断テストも行い、「絶対合格できる!」と思える合格ラインに達するまで、レポートや再試験のサポートをするからです。

ですから、必須履修科目だけでなく、全てのカリキュラムをきちんとスクールで学びたい方や、独学は不安という方には「標準カリキュラム」をおすすめいたします。

 

恵美

どちらのコースが良いかは、それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身のライフスタイルや目標に合わせて選びいただくとよいでしょう。

インストラクター養成講座の詳細については、こちらの「アロマテラピーインストラクター養成講座【オンライン開催】」をご覧くださいね。

 

 

恵美

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点などは、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいね。

アロマテラピー検定パーフェクトセット

嬉しい声が続々と届いていますよ♪
ご利用いただいた方の感想はこちら