アロマテラピー検定1級に落ちた人のためのチェック項目と次への対策

アロマテラピー検定1級に落ちた人のためのチェック項目と次への対策
The following two tabs change content below.

アロマインストラクター 静

アロマテラピースクール My Earth
 好きな香りに包まれた生活って素敵ですよね。アロマのある暮らしを楽しむことはもちろん、美容や健康に役立てていくための、アロマテラピーを安全に楽しく使うためのお手伝いをしています。主にアロマテラピー検定対策講座や、アドバイザー認定講習会を担当していますので、一緒に楽しくアロマを学びましょう。

いつもありがとうございます。 

福島県会津若松市の、My Earth  アロマテラピースクール  アロマインストラクター 室井静 です。

AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)で主催する、アロマテラピー検定1級、2級試験は、毎年数万人の方が受験されています。

大勢の方が受験している資格試験ですので、中には、残念ながら結果が出なかった、という方もいらっしゃるでしょう。

今回は、頑張ったけど結果が思わしくなかった、という方の参考になるように、試験に落ちた場合の対策について、まとめてみました。

これからお伝えする内容をチェックして、次回に活かしていってくださいね。

 

検定試験に落ちた原因をチェック

検定試験に落ちた原因をチェック

まずは、なぜ結果が出なかったのか、いくつか考えられる原因に当てはまる物がないかチェックしていきましょう。

 

テキスト、問題集は揃っているか?

まず確認しておきたいのは、学習にはAEAJ公式テキスト公式問題集を、両方利用しているか、という点です。

これまでの私の経験から、1級試験に落ちたという方の中には、テキストだけを使っているという方も多く、ごくまれに問題集だけを使っている、という方もいました。

公式テキストと問題集は、合わせて使うほうが理解が深まりますので、もし片方しか使っていなかったなら、今度は両方使って勉強してみてくださいね。

また、どちらも利用している場合でも、そのテキストが古いものではないか、チェックしてみてください。

検定テキストは2~3年おきに改定されるので、古いものだと内容が変わっているため、今の試験に対応していない場合もあるので、注意が必要です。

※AEAJのアロマテラピー検定公式テキスト公式問題集
アロマテラピー検定の公式テキストと公式問題集

 

室井

公式テキストには、そのテキストが改定された年月が記載されていますので、その改定年月のテキストが試験に対応しているか、確認してみましょう。

対応しているテキストについては、AEAJ公式HPのアロマテラピー検定試験「出題範囲」で確認できます。

 

精油セットは利用しているか?

次にチェックしていただきたいのは、試験対策の精油セットを使って、実際の精油の香りを確かめながら勉強しているかどうかです。

検定試験では、1級・2級それぞれ2問の香りテストがあります。

ですが、独学で受験する方の中には、最初から香りテストは諦めて、勉強をしない方もいるようです。

そうなると最初から2点失ってしまいますので、それが結果に影響する可能性は大きいですし、その2点の差で落ちたりしたら、とても悔しいですよね。

そんな事をしてはもったいないので、香りテストに対応した精油セットなどを利用して、しっかり点数を取れるように対策していきましょう。

1級対応精油セット2級対応精油セット
アロマテラピー検定1級精油セットアロマテラピー検定2級精油セット

 

室井

まれにですが、1級を受けるから1級対応精油セットだけ使っている、という人がいます。

ですが、1級の試験には2級の範囲も含まれているので、精油セットも、1級対応と2級対応の2つが必要になります。自分の受ける試験の範囲に含まれる精油が、全部揃っているかもチェックしてみてくださいね。

 

テキストを元に実習など実践したか

公式テキストでは、精油やさまざまな素材を使った実習が、詳しく紹介されていますが、実践できたでしょうか。

独学の場合だと、実習まではできないという方も多く、その結果、学ぶことにモチベーションが保てず、アロマ検定に落ちたという方もいます。

こちらのスクールで開催しているアロマテラピー検定対策講座では、単に勉強をするだけではなく、テキストで紹介されている実習も、いくつか取り入れて、体験してもらっています。

それは、実際に使うことで活きた資格にして欲しい、ということと、楽しみながら学ぶことで記憶に定着し易い、という2つの理由からです。

実際に使うことで身に付く内容も多いですし、楽しんで勉強できれば、勉強することに対する抵抗もなくなりますので、簡単にできる実習だけでも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

※アロマ手作り体験実習
アロマクラフト作り

 

次のアロマテラピー検定1級・2級試験への対策

次のアロマテラピー検定1級・2級試験への対策

残念ながら試験に落ちたとしても、アロマテラピー検定試験は年に2回開催されていますから、半年後には次のチャンスがやってきます。

次こそ自信を持って合格できるよう、早めに対策していきましょう!

 

出題範囲を確かめる

まず初めにしてほしいことは、AEAJ公式HPアロマテラピー検定に関する内容を、チェックすることです。

なぜ最初にそれをするのかというと、独学で勉強している方の中には、そもそも出題範囲がよく分からない、という方が意外にたくさんいらっしゃいます。

出題範囲が分からないと、どこをどう覚えれば良いのかもよく分からず、対策も難しくなってしまいますよね。

そうならないためにも、受験の際には、試験内容について、まず最初に目を通しておきましょう。

 

室井

試験の出題範囲がハッキリとしない方は、こちらの「アロマテラピー検定1級・2級の独学勉強方法!やり方や範囲など必見」で、見直してみてください。

 

テキストの中には出題範囲外の内容もある

アロマテラピー検定試験の問題は、公式テキストの内容から出題されます。

ですが、公式テキストの内容が丸ごと試験範囲という訳ではなく、中には試験の出題範囲外となっている部分もあるのです。

そうした出題範囲外の部分については、テキスト内に記載がありますので、その点も事前にチェックしておきましょう。

それを知っているだけでも、勉強する範囲が絞られ、試験対策がしやすくなりますよ。

 

室井

「2020年6月改訂版」のテキストの場合、6ページに出題範囲外の記載があります。

出題範囲外の部分は、試験には出ないけれど、アロマの知識の一つですので、ぜひ目を通してみてくださいね。

 

試験合格のための勉強方法

試験合格のための勉強方法

ここからは、独学でアロマテラピー検定試験対策をする方に向けて、具体的な勉強の仕方についてまとめていきます。

今回は試験に落ちたとはいえ、これまでの勉強が無駄になった訳ではありません。ですから、今一度勉強のやり方を整理するつもりでご覧ください。

 

テキストは読み物として通勤時間などで目を通す

アロマ検定試験の問題は、全て「アロマテラピー検定1級・2級公式テキスト」から出題されます。

ですので、テキストは一通り目を通しておきましょう。

公式テキストは、写真やイラストも多いため、ついついそちらに目がいきがちですが、文章もしっかり読むように意識してくださいね。

しっかり時間を取って勉強することも必要なのですが、何度も繰り返し目を通していくと、さらに内容が覚えやすくなるので、通勤時間や隙間時間を利用して、短時間でも良いので、繰り返し読み込んでいきましょう。

 

とにかく問題集を全て回答できるように繰り返す

試験対策として特におすすめなのが、公式問題集をやり込むことです。

公式問題集は、出題のされ方も試験に近いため、とても参考になりますし、問題を解くことで自分の得意、不得意も分かります。

間違ったところはしっかり復習して、次は正解できるようにしていきましょう。

また、間違った部分だけでなく、正解した部分も、勘で答えたりしていないか、ちゃんと理解できているか、チェックしてみてくださいね。

そうして繰り返しながら理解を深めていくと、知識をしっかり身につけていけますよ。

 

室井

テキストや問題集の活用方法については、「アロマテラピー検定の公式テキストと問題集のおすすめ利用法」の中でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

精油に触れてアロマも楽しみながら学ぶ

せっかくアロマの勉強をするのなら、実際に使って楽しく学んでいきたいですよね。

香りテストの勉強でも、本物の精油の香りを確かめながら勉強していくことは、とても大切なことです。

実習でも、例えばマグカップを使った芳香浴法や、洗面器を使ったハンドバスなら、容器とお湯、それから精油があれば、簡単に実践出来ます。

教科書を読むだけではなかなか覚えられないことも、自分自身で体験してみると、記憶に残りやすくなりますし、アロマの理解が深まりますので、ぜひ精油を活用してみてくださいね。

※アロマでハンドバス
アロマでハンドバス

 

室井

アロマテラピーを安心して楽しむ知識を身に着ける、ということが、アロマテラピー検定試験を開催している、大きな目的でもあります。

万が一、試験に落ちたとしても、身に付いた知識や経験がリセットされる訳ではありませんから、まずはアロマのある暮らしを楽しみましょう♪

 

スクール講師からのアドバイス

スクール講師からのアドバイス

アロマテラピー検定1級合格を目指して、さらにプラスでできる対策を、いくつかご紹介していきます。

 

独学が難しいならアロマテラピー通信講座もおすすめ

もし、「勉強方法が分からない」、「これで大丈夫なのか自信が持てない」という場合には、AEAJの認定スクールが開催している、オンライン講座の受講もおすすめです。

最近では、アロマテラピー検定試験に向けて、インターネットを使った通信講座を開催しているスクールも増え、自宅に居ながら講座を受講することができます。

講座のスタイルも、動画を視聴するものや、リアルタイムのオンライン講座など様々ですから、自分の受講しやすいものを探してみると良いでしょう。

とはいっても、講座を受講するのはハードルが高い気がする…という方もいるでしょうから、まずは「初心者がアロマテラピー資格の通信講座を選ぶ際のおすすめと注意点」の記事をチェックしてみてください。

いろんな可能性を考えたうえで、自分に合った勉強方法を選んでいってくださいね。

 

モチベーションを上げる資格の活かし方

勉強しなきゃと思ってもやる気が起きない、という方の中には、資格を取っても使うか分からない、という方もいるのではないでしょうか。

そんなときには、こちらの「アロマテラピー検定1級で得たアドバイザー資格を仕事で活かす使い道」をチェックしてみてください。

アロマ検定1級資格の活用方法について、とても具体的に紹介していますよ。どんな風に活用できるのかを知ることで、モチベーションアップに役立ちます。

やる気が出ない時には、資格を取ってどんなことがしたいか、具体的なイメージを膨らませてみましょう。

 

2020年のオンライン試験情報をチェックする

アロマテラピー検定試験は、2020年からオンラインで開催されるようになりました。

それに伴って、以前の会場試験の時とは、いくつか変更になっているポイントもありますので、その点についても事前にチェックしておきましょう。

具体的な変更点については、こちらの「2020年アロマテラピー検定試験の変更点(会場、香りテスト、合格発表)」を参考にしてください。

試験に関する情報を知っておくことも、試験対策としてとても大切なポイントになります。

 

 

恵美

最後までお読みいただきありがとうございます。

「恵美メール♪」の登録はこちら(*^^*)♡

各種イベントや特別なお知らせをお送りさせていただきます。
ぜひご登録をお願いします。

 

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点など、こちらよりお気軽にお問い合わせください。