講師がアロマテラピーインストラクター試験の難易度や合格率を解説

講師がアロマテラピーインストラクター試験の難易度や合格率を解説
The following two tabs change content below.

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

アロマテラピー検定に比べて、インストラクター試験は、比較的難易度が高いといわれています。それは、きっともうご存知のことでしょう。

ですから、これから試験の勉強をしようという方にとっては、自分が合格できるかどうか、心配な気持ちもあるのではないかと思います。

そこで今回の記事では、AEAJのアロマテラピーインストラクター試験に挑まれる方のために、その難易度と合格率について、詳しくお話ししていきましょう。

これはあくまで、長年にわたりアロマスクールの講師として、受講生の合否を見てきた立場からお伝えする内容ですので、そのことをご承知の上でご覧ください。

詳しく書きますので、少し内容が長くなるかもしれませんが、順を追ってお話ししたいと思います。

 

アロマテラピースクール マイアースの紹介

インストラクター試験の合格率30%とは?

インストラクター試験の合格率30%とは?

まずは、このサイトでも時折り記載している、アロマテラピーインストラクター試験の合格率が、30%程度という件についてお話しします。

その根拠を知っていただくために、AEAJのアロマテラピーインストラクター試験について、これまでの経緯からお話ししていきましょう。

 

インストラクター試験が始まった当初

AEAJのアロマテラピーインストラクター試験は、1998年に第1回目が開催されましたが、それから10数年間の間、大きな改訂はありませんでした。

当初の試験は、「1次試験:マークシート」と、「2次試験:筆記試験」に別れており、独学でインストラクター試験を受けることも可能だったのです。

特に筆記テストとなっていた2次試験は難易度が高く、すべての精油の学名を誤りなく記載出来るぐらいの、深い知識と正確な記憶力が求められていました。

しかもその頃には、AEAJの公式テキストも無かったため、試験範囲も分かりにくく、すべての受験生が、指定された参考文献を基に、幅広い範囲での勉強をしていたのです。

 

合格率30%という根拠

当時のインストラクター試験は、今とは違い独学で受験する事もできました。

ですが、AEAJ認定のアロマスクールで、定められたカリキュラムを受講すれば、2次試験が免除されるという規定があったのです。

そのため、アロマスクールに通われる生徒は、1次試験にさえ合格すれば資格を取れたので、スクールの受講生の合格率は、およそ70%~80%ぐらいだったといえるでしょう。

その反面、難易度が高い2次試験を受ける、独学での受験生の合格率は、10%~20%程度でしかありませんでした。

その結果、全ての受験生で見ると、だいたい30%程度が、インストラクター試験の合格率としては妥当だろう。というのが、認定スクールの講師の中での通説だったのです。

 

恵美

2次の筆記テストは、手書きで書き込む問題でしたので、本当に難易度が高いものでした。

その当時は独学で挑戦する人も多かったので、1次はクリアしても、この2次試験で躓いてしまう人が、とても多かったのです。

 

クリックして講師プロフィールへ アロマスクール マイアース スタッフ紹介

過去のインストラクター試験の問題点と改訂

過去のインストラクター試験の問題点と改訂

ですが、そんな難易度が高く合格率の低かった、AEAJのアロマテラピーインストラクター試験にも、ある問題点があることが明確になってきます。

 

過去のインストラクター試験の問題点

それは、アロマテラピーインストラクター資格の取得者の中に、精油(エッセンシャルオイル)を扱ったことが無い人が出てきたことです。

というのも、試験には実技が無いため、独学で受験する人の中には、実習を全く行わない人もいました。

スクールであれば、実習を行って精油の扱い方を身につけることができますが、独学の場合は実習をするかは本人次第になってしまいます。

また、インストラクター試験に独学で挑戦する人は、ほとんどが検定試験も独学で受けているので、中には精油自体を使ったことがない人もいたのです。

その結果、人に教える立場であるインストラクターであるにも関わらず、精油が扱えない。。。という事態が生まれてしまいました。

 

恵美

また、精油を扱えないだけでなく、インストラクターごとの知識の偏りが生まれてしまい、それも大きな問題点となっていきました。

 

独学で試験が受けれなくなった

そんな問題点を改善するために、2015年頃から、AEAJのアロマテラピーインストラクター試験の、大幅な改定が始まりました。

まず初めに行われたのが、独学受験の廃止と、それに伴った2次試験(筆記試験)の廃止です。

独学での受験が出来なくなったことから、必ずスクールで受講することになり、精油の扱い方を学べるようになりました。

さらにその後、2017年ごろには、AEAJから「公式テキスト」が発行されたのです。

公式テキストが出版されたことは、私たち認定スクールにとっても、とても嬉しい改訂でした。テキストができたことで、試験範囲が明確になり、学習が進めやすくなったのです。

 

恵美

こうした大幅な改訂を経て、以前のインストラクター試験で起きた、さまざまな問題点が改善されました。

この件については、「独学でアロマテラピーインストラクター試験が受けれない理由」の中でも詳しくお話ししていますので、そちらもご覧ください。

 

合格率30%は過去の試験実績から

こうした過去の経緯から、以前のアロマテラピーインストラクター試験は、合格率30%と言われていました。

独学で公式テキストもなく、しかも書き込み式の試験があるとなれば、当然の結果だったと思います。

2015年以降のさまざまな改訂により、今では、難易度や合格率は大きく変わっているでしょう。

とくに2022年現在では、試験がオンライン化され、自宅で受けれるようになったこともあって、またさらに変化しています。

 

恵美

これまでのアロマテラピーインストラクター試験の経緯について、お分かりいただけたと思います。

それではここからどう変わったのか、現在の状況について見ていきましょう。

 

クリックするとオンライン講座一覧へ オンラインのアロマテラピー講座も開催

現在のインストラクター試験の合格率と難易度

現在のインストラクター試験の合格率と難易度

では改めて、2022年現在の、AEAJアロマテラピーインストラクター試験の、合格率と難易度はどれくらいなのか、お話しいたします。

 

難易度は格段に下がっている

まず簡単に申し上げると、以前に比べて難易度は下がっていると言えます。

  • スクールでの受講が必須になった
  • 公式テキストが発行された
  • 筆記試験が無くなった

こうした変更は、インストラクターの知識の偏りを無くすだけでなく、試験の合格率を大幅に上げることに繋がったのです。

とはいえ、試験の内容が簡単になった、という訳ではなく、アロマ検定試験と比較したら、難易度が高いことには違いありません。

ですので、内容が簡単になった訳では無い、ということは、理解していてください。

 

直近の合格率は70%程度

では気になる、最近のAEAJアロマテラピーインストラクター試験の合格率は、実際のところどうなのでしょうか。

AEAJの公式ホームページで、アナウンスがありましたので、ご紹介します。

アロマテラピーインストラクター試験の合格率

およそ70〜80%

AEAJ引用:検定・資格 全般についてのQ&A

以前は30%ほどだと言われていたインストラクター試験ですが、今では合格率が70%以上になっています。

ただ、以前も1次試験だけの合格率は70〜80%ほどだったので、それを考えると、昔も今も合格率は同じくらいとも言えますね。

 

本気で勉強すれば合格できる

難易度が70〜80%と聞くと、以外と簡単かも?と思うかもしれませんが、決してそういう訳ではありません。

例えば、独学で受験する人が多いアロマ検定の合格率は90%ですが、インストラクターは必ずスクールで受講しているにも関わらず、70〜80%です。

それを思うと、しっかりと勉強に打ち込んでいく必要がある、と言えるでしょう。。

本人がどれくらい本気で試験に向けた勉強をするかが、とても重要になりますので、そこをきちんと意識した上で挑戦していけば、一発合格も夢ではありません。

絶対インストラクターになる!という思いを持って、集中して取り組んでいきましょう。

 

インストラクター試験の難易度と合格率のまとめ

インストラクター試験の難易度と合格率のまとめ

ここまで、AEAJのアロマテラピーインストラクター試験の難易度と合格率について、詳しくお話ししてきました。

難易度を伝えるのは、なかなか難しいのですが、多少なりとも参考にしていただければと思います。

 

将来の目標を明確にして

ここで1つアドバイスをするなら、何事においても、高い目標を持って勉強に励めば、その途中にあるハードルをクリアすることは、比較的容易だと言えます。

よく「目標の80%は達成し易いけど、100%を達成することは非常に難しい。」といいますが、あなたもそんな言葉を聞いたことがありませんか?

ですから、アロマテラピーインストラクターの試験に挑む上で、難易度や合格率は別として、あなたが何を最終目標にしているのか、それを明確にしてみて下さい。

例えば、その先のセラピスト資格という人もいれば、将来インストラクターとして独立し、活躍することを目指している人もいることでしょう。

その目標を達成しようという、強い意思がとても大切なのです。

 

恵美

こちらの「教えるつもりで学ぶアロマテラピーインストラクター試験勉強法」でも紹介しましたが、そこに出ている方達ぐらい、本気で勉強する必要があると考えて下さい。

 

大切なことは覚悟と決意ですよ

インストラクター試験の難易度や合格率は、あくまで参考でしかありません。

あなた自身が勉強を進める上で、どの程度、頑張る必要があるのかという目安となる数値です。でも本当に必要なことは、試験に合格するという覚悟と決意です。

その強い気持ちさえあれば、諦めてしまうことは無く、試験に合格してその先の目標へと、進んでいけることでしょう。

あなたがインストラクターとして、将来活躍することを、同じ講師として陰ながら応援しています。

合格を目指して、張り切って行きましょう!

 

追記:合格通知はこんな感じで来ます

追記:合格通知はこんな感じで来ます

最後におまけとして、どんな合格通知が届くのか、チラッとご紹介しておきますね。

 

受講生さんの合格通知です

こちらは、忙しい仕事の合間に、頑張って勉強されて、2018年のインストラクター試験に見事に合格された受講生さんの合格通知です。

仕事と勉強を両立しながら、難易度の高い試験に見事合格されました!

殆どの受講生さんは、そんな風に平日は仕事に従事しながら、アロマスクールに通ってくれています。

以前は教室での対面講座だったので通うのも大変でしたが、今ではオンライン開催となったことで、そのあたりの負担は軽減されましたね。

もちろん、オンライン開催でも実習はみっちりとやりますので、精油の扱い方もバッチリです。

※2018年にインストラクター試験を受けた生徒さんの合格通知
2018年にインストラクター試験を受けた生徒さんの合格通知

 

恵美

私のスクールでも、インストラクター養成講座を開催しているので、こちらの「アロマテラピーインストラクター養成講座【オンライン開催】」をご覧くださいね。

特にアロマを仕事にしたい人には、とても役立つ講座になっていますよ!

 

 

恵美

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点などは、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいね。

MyEarth アロマスクール YouTubeチャンネル

アロマテラピー検定パーフェクトセット

嬉しい声が続々と届いていますよ♪
ご利用いただいた方の感想はこちら