アロマテラピー検定を独学で勉強する際の注意点やメリットとデメリット

アロマテラピー検定の独学
The following two tabs change content below.

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

今回は、アロマテラピー検定に、独学でチャレンジしようと思われている方に、受験する上で見落としがちな注意点や、メリットとデメリットをご紹介します。

特に、このページをご覧になっている方は、まだアロマテラピー検定について、あまりご存知ないかと思いますので、その詳しい内容も合わせてご紹介していきます。

ちなみに、独学でのアロマ検定受験は、こんな方に適しているといえますよ。

■アロマテラピー検定の独学受験に適している方

  • お近くにアロマテラピースクールが無い方。
  • 子育て中で、まとまった時間が取れない方。
  • 日中はお仕事で、勉強に時間を掛けられない方。
  • できるだけ低予算で、資格の取得を目指される方。
  • 自分のペースで検定の勉強して受験したい方。

そんな、独学でアロマテラピー検定の合格を目指す方に、これだけは知っておいて欲しいという内容をまとめました。

 

恵美

独学には独学のメリット、スクールにはスクールのメリットがそれぞれあります。どちらで勉強するにしても、まずはそれぞれの利点と欠点を、きちんと抑えておきましょう。

 

アロマテラピースクール マイアースの紹介

アロマテラピー検定とは

アロマテラピー検定とは

まずはアロマテラピー検定試験とはどのようなものか、短めに要点をまとめてお話ししましょう。

 

アロマテラピー検定とは

アロマテラピー検定は、「公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)」が開催する、アロマテラピー(芳香療法)を安全に実践できる、基礎知識の認定制度です。

検定は具体的には、「1級」と「2級」の2段階に分かれており、1級が上位資格となります。

どちらも年に2回、5月と11月に全国の主要都市で開催されており、1級、2級ともに、合格基準は正答率80%で、合格率はおよそ90%となっています。

出題数は1級70問、2級55問で、受験形式は選択解答式(マークシート)です。

 

恵美

アロマテラピー検定は1999年からスタートした検定試験で、2021年3月末現在、439,480名の合格者がでている、実績のある検定試験です。

 

アロマテラピー検定の実施都市

■全国34都市で開催(2019年11月まで)

札幌・釧路・青森・仙台・郡山・つくば・宇都宮・前橋・さいたま・千葉・東京・横浜・新潟・金沢・甲府・松本・岐阜・静岡・名古屋・四日市・京都・大阪・神戸・奈良・松江・岡山・広島・高松・松山・福岡・長崎・熊本・鹿児島・沖縄

試験会場は各都市の中心部ですが、詳細については、お申し込み後に送られる「受験票」で案内されます。

アロマテラピー検定の申し込み受け付けは、5月の受験は3月中旬まで、11月受験は9月中旬までです。

なお、2020年からはインターネットによる、オンライン試験になっており、全国での現地開催は一時中断されています。

詳しくは、こちらの「2020年アロマテラピー検定試験の変更点(会場、香りテスト、合格発表)」に記載しているので、気になる方はご確認ください。

 

アロマテラピー検定1級について

上位資格の1級では『精油を目的によって使い分け、効果的に生活に取り入れるための知識』が問われます。

アロマテラピーの日常での楽しみ方や、精油の働く仕組み、法律問題や活動分野など、アロマテラピーをご家庭や職場など、実生活で活用していく為の知識と技術を学びます。

■1級の学習内容

  • 第1章:アロマテラピーの基本
  • 第2章:きちんと知りたい、精油のこと
  • 第3章:アロマテラピーの安全性
  • 第4章:アロマテラピーを実践する
  • 第5章:アロマテラピーのメカニズム
  • 第6章:アロマテラピーとビューティー&ヘルスケア
  • 第7章:アロマテラピーの歴史をひもとく
  • 第8章:アロマテラピーに関する法律
  • 精油のプロフィール(1級:30種類、2級:11種類)

■1級の検定試験の香りテスト 17種類
 イランイラン/クラリセージ/グレープフルーツ/ジュニパーベリー/スイートオレンジ/スイートマージョラム/ゼラニウム/ティートリー/フランキンセンス/ペパーミント/ベルガモット/ユーカリ/ラベンダー/レモン/レモングラス/ローズマリー/ローマンカモミール

1級の詳しい学習内容については、「AEAJアロマテラピー検定1級の試験範囲とおすすめの勉強法」の記事で、詳しくご紹介していますよ。

 

アロマテラピー検定2級について

下位資格の2級では、1級の学習内容の1章から4章までが対象となり、『アロマテラピーを正しく生活に取り入れるための知識』が問われます。

アロマテラピーの入門編ともいえる、基本的な精油(エッセンシャルオイル)の扱い方を学び、ご家庭でのセルフケアとして利用できる知識を身に付けます。

■2級の学習内容

  • 第1章:アロマテラピーの基本
  • 第2章:きちんと知りたい、精油のこと
  • 第3章:アロマテラピーの安全性
  • 第4章:アロマテラピーを実践する

■2級の検定試験の香りテスト 9種類
 スイートオレンジ/ゼラニウム/ティートリー/フランキンセンス/ペパーミント/ユーカリ/ラベンダー/レモン/ローズマリー

2級の詳しい学習内容は、こちらの「アロマテラピー検定2級を独学で受験する勉強方法!合格率や試験範囲など詳しく解説」の中で、詳しくご紹介しています。

 

恵美

以前は、受験票を受け取るまで、試験会場が解りませんでした。受験票は試験の10日ほど前に郵送されるので、みんなドキドキしながら待っていたものです。

中には待ちきれずに、協会へ連絡される方も多かったようですが、現在ではインターネット試験に成っているので、そんなストレスは無くなりました。

 

クリックして講師プロフィールへ アロマスクール マイアース スタッフ紹介

独学ではアロマテラピー検定の1級、2級どちらを受験すべきか?

独学ではアロマテラピー検定の1級、2級どちらを受験すべきか?

(公社)日本アロマ環境協会主催のアロマテラピー検定は、1級、2級のどちらからでも受験することが出来ます。

1級、2級を、同日に受験することもできますが、ここでは、目的を明確にして、自分に合った受験方法を選択できるように、要点だけをお話しします。

 

一般的なアロマテラピースクールでは

多くのアロマテラピースクールでは、「アロマテラピー検定対策講座」を開催していますが、スクールでは1級のみの受験を勧められることが多いでしょう。

それは各スクールが開催している、アロマテラピー検定対策講座が、1、2級の範囲全てを学習するためです。(1級には2級の範囲も含まれます)

そしてアロマテラピー検定1級に合格後は、「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」を受講することで、アロマテラピーアドバイザー資格が取得出来るのです。

アドバイザー認定には、1級に合格することが条件ですので、特に2級を取得する必要はありません。

ですから、あえて2級を受験さる方は、1級合格が心配なために、念のため2級も受験して置こうという方ぐらいです。

 

恵美

アロマテラピー検定は毎年、午前中が2級の試験、午後が1級の試験と別れているので、同時受験が可能です。

受験料は倍になりますが、どうしても心配なら、両方受けておくのもいいですよ。

 

独学でアロマテラピーの資格取得を目指される方

独学で勉強される方は、アロマテラピー検定1級の合格を目指さなくてはなりません。

でないと、アロマテラピーアドバイザー資格の取得や、さらに上位のアロマ資格へは勉強を進められないからです。

そのため、選択肢は以下の通りとなります。

  • 1級のみ受験(短期集中タイプ)
  • 1、2級同時受験(1級に受かるかちょっと心配なら)
  • 2級取得後に次回1級受験(じっくり勉強タイプ)

基本的に、協会が発行している、アロマテラピー検定の公式テキストや公式問題集は、1級、2級どちらでも受験できるように作られています。

 

恵美

まずは少し早めにアロマ検定の受験に必要な教材を揃え、テキストや問題集の中身を見てから、自分に合った受験方法を決めるのも良いですね。

 

アロマテラピーの資格取得にこだわらない方  

アロマテラピーに興味があり、自宅で安全に楽しむためにアロマの勉強をしたい方なら、じっくりと2級からの勉強も良いでしょう。

アロマの資格は取りたいけど、急がなくていいかな、という場合には、無理して勉強を進めず、自分のペースでアロマを楽しむのもいいですよ。

2級は精油10種類、1級は+20種類と学ぶ精油の種類も多くなりますから、じっくりと香りに親しみながら、アロマに慣れていくのもオススメです。

その場合は、自分のタイミングで試験に挑めるので、焦らずに勉強を進めていくことも出来るでしょう。

 

恵美

独学で受験される方の中には、1級・2級どちらも受験される方がとても多いです。

1級だけ、2級だけ、それともどちらも受験するか。検定試験を受ける目的を考えながら、自分に合った進め方を決めて行きましょう。

 

クリックするとオンライン講座一覧へ オンラインのアロマテラピー講座も開催

アロマテラピー検定の独学に必要な教材

アロマテラピー検定の独学に必要な教材

1、2級のどちらの合格を目指すかが決まれば、あとは教材を準備して勉強スタートです。

特に独学では、スクールのように講師に質問できる機会がないため、教材の準備はとても重要です。

 

必ず準備すべき教材について

ここではスクールで学ぶか、独学で勉強するかに関わらず、アロマテラピー検定を受験するのであれば、必ず準備すべき教材をご案内します。

アロマテラピー検定の試験範囲は、こちらの(公社)日本アロマ環境協会公式テキストの内容となります。

さらに精油の香りを嗅ぎ当てる「香りテスト」もあり、こちらの画像と同じくらいのサイズの小瓶が渡されるので、事前に試香用の精油も準備しておきましょう。

なお、オンライン開催の検定試験では、化粧品のサンプルの様な、精油入りの袋が事前に郵送で届きます。

 

■1・2級公式テキスト&精油セット

・日本アロマ環境協会 1級・2級公式テキスト
アロマテラピー検定公式テキスト 2,592円

・1級対応精油セット 10種類
1級対応精油セット 10種類 3,240円

・2級対応精油セット 10種類
2級対応精油セット 10種類 2,160円

 

恵美

検定試験1ヶ月前には、多くのメーカーでアロマの精油セットが品薄になります。検定直前になって、慌てて購入する方が多いようです。

あとで、間に合わなかった!なんてことが無いように、前もって準備しておきましょう。香りテストは比較的得点しやすい項目ですから、事前に嗅ぎ分けの練習をして、ぜひ正答できるようにしましょう!

 

独学で合格を目指すならとても重要な問題集

独学でアロマテラピーの勉強を勧める際に、とても重要になってくるのが公式問題集です。

テキストには、満遍なくアロマテラピーについて書かれていますが、実際にどのような問題が検定試験で出題されるかは解りません。

その点、公式の問題集では、アロマテラピー検定で出題される問題を、模擬テストのように集中的に勉強していくことが可能です。

当スクール内でも、生徒さんにこちらの問題集をお勧めしています。独学で勉強されている方には、なおさら重要ですので必ず準備しましょう。

AEAJアロマテラピー検定公式問題集1,404

 

独学専用に教材をまとめたセットなら安心

こちらのスクールでは、独学用に特化した「アロマテラピー検定パーフェクトセット」も販売しております。

このセットでは、スクールならではの検定対策や、学習のポイントを取りまとめた、3つの学習資料をお付けしています。

<セット内容>

  • アロマテラピー検定1級・2級公式テキスト
  • アロマテラピー検定公式問題集
  • アロマテラピー検定1級対応精油セット
  • アロマテラピー検定2級対応精油セット

<独学受験用資料>

  • 精油問題対策チェック項目
  • 歴史問題対策チェック項目
  • 必勝!アロマテラピー検定対策

アロマテラピー検定で出題される内容は、特に「精油問題」と「歴史問題」ですが、それぞれに必ず憶えておくべき暗記内容がありますが、こちらでは、その項目を厳選して取りまとめた資料を2部お付けしています。

その上で、テキストで出題される範囲を絞り込み、短期集中で合格を目指すための学習の要点を示した「必勝!アロマテラピー検定対策」をお付けしました。

アロマテラピー検定パーフェクトセット アロマテラピー検定セット資料
↑クリックすると詳細が見れます。↑マル秘資料が付いてきます。

 

恵美

アロマテラピー検定パーフェクトセットについてる「精油問題対策チェック」「歴史問題対策チェック」「必勝!アロマテラピー検定対策」は、私がスクールの受講生さんにお伝えしている、検定対策のポイントをまとめたマル秘資料です。ここは絶対出る!という項目と、ここは学習不要!という部分を明確に示しています。試験当日の心得なんかも書いていますよ。

詳しくは、こちらの「アロマテラピー検定1級ならこの教材キットで一発合格!」で紹介していますから、ご覧になってみてください。

 

独学でアロマテラピー検定を受験するメリットとデメリット

独学でアロマテラピー検定を受験するメリットとデメリット

ここからは具体的に、独学でアロマテラピー検定を受験することによる、メリットとデメリットを挙げてきたいと思います。

基本的には自宅での独学と、スクールなどで受講する、アロマテラピー検定対策講座との違いとなります。

 

独学で受験するメリット

まずは、独学で受験する際のメリットを紹介します。

  • 近くにスクールが無くても学習ができる。
  • スクールなどで特定の時間を確保する必要がない。
  • 通勤中など空いた時間に学習ができる。
  • 自分のペースでの学習が可能である。
  • 講師との相性などは気にしなくて良い。
  • 教材費のみの低予算での学習が可能。

これぐらいでしょうか? 最大の利点は、時間の有効活用が出来ることでしょう。

日頃お仕事や育児などで、特定の学習時間が確保できない方には、隙間時間などを利用して勉強を進めることが出来ます。

特にアロマテラピー検定は、アロマを安全に利用するための知識を問う試験なので、実技などのテストはありません。

香りテストなども専用の、アロマオイルセットを購入して、自宅で嗅ぎ分けを練習すれば、問題なくクリアすることが出来ます。

 

独学で受験するデメリット(スクールに参加するメリット)

次に独学で受験することのデメリットを紹介しますが、これはスクールに参加することでのメリットとして紹介します。

  • 決められた日程で学習を進められる。
  • 講師から学習の要点やポイントを教えてもらえる。
  • 疑問点などの不明な点はサポートを受けられる。
  • 精油を使用したアロマクラフト実習が体験できる。
  • 生徒同士での交流が楽しめる。
  • 生徒同士で試験へのモチベーションを保てる。

いかがでしょうか? スクールに参加することでの最大のメリットは、アロマクラフト実習を受けられることです。

多くのアロマスクールでは、授業に精油を使ったアロマクラフト作りを取り入れており、その実習を通して、実際にアロマを生活で利用していく方法が学べます。

アロマテラピー検定の公式テキストにも、アロマクラフトの内容は記載されていますが、独学で受験される方は、比較的実践せずに終わってしまいがちです。

その点が独学で受験することとの、大きな違いではないでしょうか。

 

自分のスタイルに合わせて独学とスクールを選択をする

これまで見てきた結果から、短期間に低予算でアロマテラピーの資格取得を考えるなら、独学がお勧めだといえます。

時間的な猶予を考えても、忙しくてなかなか学習時間が取れないなら、隙間時間をいかに活用するかはとても大切です。

そして、生徒同士でのコミュニケーションを楽しみながら、講師の指導でアロマを学びたいと考えるなら、スクールという選択肢になります。

独学の方でもこちらのセットを使えば、テキストを見ながらご自宅でアロマクラフトは可能です。さらに、学習の要点や受験のポイントを書いた特別な資料も付きます。

ですから結論としては、スクールで楽しみながらアロマを学びたい人や、一人で勉強を進めるのが苦手な方はスクール、それ以外の人は独学の方が適しているといえるでしょう。

ご自分の学習スタイルに合った方を選択して、検定試験に臨んでください。

 

恵美

ちなみに当アロマスクールでも、アロマテラピー検定対策講座のオンライン講座を開催しています。

一人ではなかなか勉強が進まないという方は、オンラインで講師の指導のもと、みんなと一緒に勉強すると学習を進めやすいですよ。

 

オンライン講座 アロマテラピー検定対応講座

 

↓↓ アロマテラピー検定1級に合格したら! ↓↓

 

恵美

アロマテラピー検定の合否判定は、オンライン試験なら、受験直後に結果が解ります。合格したら、いよいよアロマテラピーの資格取得をすすめましょう!

 

アロマテラピー検定1級合格後に取得可能な資格

アロマテラピー検定1級合格後に取得可能な資格

アロマテラピー検定1級に合格したら、いよいよアロマの資格取得をしましょう!

最初のステップは、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講し、アロマテラピーアドバイザー資格を取得することです。

 

資格取得はアドバイザー認定講習会から

アロマテラピーの上位資格取得のためには、アロマテラピーアドバイザーの資格を取得しているか、認定講習会を受講済みであることが受講資格、受験資格となります。

また、アロマテラピーの認定資格は、会員にのみ付与されるものですから、協会への入会手続きも併せて行いましょう。

アドバイザー認定講習会に申し込む際には、こちらの「アロマテラピーアドバイザー認定講習会の選び方(オンライン講座)」が参考になります。

それぞれの資格については、下記に詳しい説明がありますので、こちらをご覧ください。

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習会

<こんな方におすすめです>
・アロマショップで販売に携わりたい
・職場の環境改善や健康管理の一助にアロマテラピーを導入したい
・一般の方に安全なアロマテラピーをアドバイスしたい
・友人とアロマクラフト作りを楽しみたい
・さらに上位資格を取得したい

 

アロマハンドセラピスト養成講座

<こんな方におすすめです>
・家族や周囲の人にアロマハンドトリートメントをしたい。  
・ボランティアやイベントなどでアロマハンドトリートメントをしたい。

 

ブレンドデザイナー養成講座

<こんな方におすすめです>
・精油のブレンドなど、オリジナルのフレグランス作りの技術を身に付けたい。
・教育の場や、トリートメント時にブレンドの知識を活かしたい。

 

アロマテラピーインストラクター養成講座

<こんな方におすすめです>
・自宅でアロマテラピー教室を開いてみたい。
・カルチャーセンターなどでアロマテラピーを教えたい。

 

アロマセラピスト養成講座

<こんな方におすすめです>
・アロマセラピストとしてサロンで活躍したい。
・病院や施設などで、アロマテラピートリートメントを行いたい。
・一般の人に全身アロマテラピートリートメントを行いたい。

 

上位資格のお申込みについて

アロマハンドセラピスト、アロマブレンドデザイナー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得するためには、「アロマテラピーアドバイザー」の資格を持っていることが必要条件となります。

上記の講座を受講ご希望で、アロマテラピーアドバイザー資格をお持ちでない方は、必ず「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」と併せてお申し込みください。

すでにアドバイザー資格を取得されている方、アドバイザー認定講習会履修証明書をお持ちの方は、どちらも単独でお申込みいただけます。

なお、アロマセラピスト養成講座の受講対象は、インストラクター資格所有者、または、インストラクター養成講座履修者(同時受講も可)とさせていただいています。

 

恵美

合格発表前でも、やってみたいな~って思ったらぜひご連絡くださいね。仮予約も受付いたします。思い立ったが吉日ですよ~!!

そして、独学でアロマテラピー検定の合格を目指す方も、ぜひ頑張って取り組んでくださいね。影ながら応援しています!(๑˃̵ᴗ˂̵)وガンバ!

 

 

恵美

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点などは、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいね。

アロマテラピー検定パーフェクトセット

嬉しい声が続々と届いていますよ♪
ご利用いただいた方の感想はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら