アロマテラピー検定1級で得た資格を仕事でどう活かすか使い道を紹介

アロマテラピー検定1級で得た資格を仕事でどう活かすか使い道を紹介
The following two tabs change content below.
アロマセラピスト 恵美

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

福島県会津若松市の、My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

アロマテラピー検定の受験を検討している方の中には、アロマの資格を取得して、それを仕事で活かしたいとお考えの方もいるでしょう。

でも、実際にアロマテラピー検定1級に合格して、アロマテラピーアドバイザー資格を取得しても、それを仕事で活かせるのか?使い道があるのか?ご心配な方も多いと思います。

そこで今回の記事では、アロマテラピー検定1級に合格して、それを仕事に活かしたいとう方のために、具体的な資格の使い道についてお話ししていきます。

検定試験後のイメージも湧きやすいように、順を追って紹介して行きますから、最後まで飛ばさずにご覧くださいね。

 

アロマテラピー検定1級を活かす準備

アロマテラピー検定1級を活かす準備

まずはアロマテラピー検定1級を仕事で活かすために、知っておいて欲しいことからです。そちらをお話しした後に、詳しい資格の使い道についてお話していきます。

大切なことなので、アロマテラピー初心者の方は、くれぐれも飛ばさずに読んでおいて下さい。

 

アロマテラピー検定1級について

今回の内容は、(公社)日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定1級を、取得することを前提に話しを進めます。

ですから「アロマテラピー検定ってどんな試験?」という方は、まずはこちらの「アロマテラピー検定1級・2級の独学勉強方法!やり方や範囲など必見」をご覧ください。

アロマテラピー検定の試験範囲や内容について、勉強の進め方などを含め詳しく紹介しています。

検定試験に合格したら、その後どのように仕事に活かしていくのか、その使い道をお話しする訳ですから、アロマテラピー検定や協会について、ある程度は理解しておきましょう。

 

アロマテラピーアドバイザー資格

最初にも少し触れましたが、アロマテラピー検定1級に合格することで得られる資格は、アロマテラピーアドバイザー資格です。

この資格は、アロマテラピーの安全な利用法を、アドバイスできる専門家であることを認定する資格と言えるもので、プロを目指す上でも、最初に取得することとなるアロマの資格となります。

ただ、この資格を得るためには、アロマ検定1級に合格するだけではなく、その後に「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」を受講する必要があり。

その後に(公社)日本アロマ環境協会に入会して、資格申請をすることで初めて認定されるものです。

 

恵美

検定試験の合格が、そのまま資格認定になるのではなく、資格取得の前提条件だといえます。

ですから、認定講習会の受講や手続きが必要なことも、予め心得ておきましょう。

 

医療、介護、教育の現場で活かす

医療、介護、教育の現場で活かす

ではここからは、そのアロマテラピーアドバイザー資格を、どのように仕事で活かしていくのか、まずは医療や介護、教育の現場での使い道からです。

 

医療の現場で活かす

アロマテラピー検定の受験をされる方の中には、すでに看護師として医療機関に勤められており、その上でアロマの勉強をされる方も多いようです。

基本的にアロマテラピーアドバイザー資格は、安全なアロマテラピーの使い方を修めるものですから、決し医療としてアロマを利用できる資格ではありません。

ですからよくあるのは、病院などの待合室や受付などで、芳香浴法としてアロマオイルを焚くような、医療機関の環境をサポートする使い方でしょう。

そんな時にも、このアロマテラピーアドバイザー資格があれば、その知識を仕事の中で活かすことが出来ます。

 

介護の現場で活かす

今では介護職の仕事をされている方も、アロマテラピー検定を受験されて、アドバイザー資格の取得を目指される方が多いです。

もちろん、仕事で介護の現場位に居れば、その施設の環境を整えるために、アロマオイルで芳香浴も出来るでしょう。

以前には、ローズマリーやレモンのアロマオイルが、認知症予防に効果があると言われ、介護施設で取り入れられることも多かったです。

こちらの「認知症予防の昼用アロマオイル(ローズマリー&レモン)の効果と使い方」では、そんな認知症予防のアロマについても紹介してるので、介護職の方には特に参考なるでしょう。

 

恵美
中には上位資格のアロマハンドセラピスト資格を取得して、介護施設でハンドトリートメントをされる方もいますよ。

介護職なら、そんなアロマテラピー資格の使い道もありますよね。

 

教育の現場で活かす

また、小中学校などで女性教諭をされている方も、比較的アロマテラピー検定をお受けになり、アドバイザー資格を取られることが多いようです。

教育の現場でアロマテラピーを活かすというと、保健室などでアロマオイルを焚くことが、最も身近なアロマテラピーの使い道だといえます。

でも実は、職員室で焚きたいというニーズもあります。先生方にも癒しが必要なんですよね。

それ以外でも、上位のアロマテラピーインストラクターの資格を取得すれば、PTAのお母さんを集めてアロマハンドメイド講座も可能です。

 

恵美

当スクールでも、こちらの「「子育てママのアロマ石けん作り講座」若松第二幼稚園・星の子ランドさん」のように、幼稚園などでアロマ講座を開催したりしています。

これらの出張講座については、「マイアース出張講座」をご覧になると参考にりますよ。

 

会社勤務でアロマを活かす

会社勤務でアロマを活かす

きっと現在会社勤めをしながらアロマテラピー検定を受験し、仕事でもそんなアロマの資格の使い道がないかと、思い悩んでいる方も居るのではないでしょうか。

ここではそんな方のために、参考となる実例をいくつか紹介していきましょう。

 

会社のロビーや休憩室で活かす

最近では、働く人の職場環境の改善が、厚生労働省を中心に盛んに進んでいます。

そんな中で意外と多いのは、社内の総務部の方が、アロマテラピー検定を受けて資格を取得し、会社のロビーや休憩室などに、アロマテラピーを取り入れるケースです。

よくホテルのロビーなどで、アロマオイルがたかれるところを、見たことがると思いますが。

それと同様に会社のロビーなどで、アロマオイルを焚いたり、社員がお昼休みを取るような休憩室で、アロマオイルを炊くことがあるようです。

 

恵美

会社でのアロマテラピーを活かそうとすれば、周りの理解を得るのも難しいでしょう。

でも諦めずに、仕事の中でもアロマの資格を活かすことが出来ないか、ぜひ考えてみて下さい。

 

社内の医務室などで活かす

アロマテラピー検定で得た知識を、会社の中で活かそうとすれば、どうしても社内の環境を整えることがメインとなってしまいます。

先のロビーや休憩室もそうですが、それ以外では、社内の医務室などでアロマオイルを焚くケースなどが、比較的取り入れやすいアロマの使い道といえるでしょう。

現在では、仕事の悩みから心の病気に掛ってしまう方も多く、医務室は相談室として利用されることも多いです。

そんな空間を、アロマテラピーでリラックスできるように整えるのも、アロマテラピーアドバイザーの資格なら可能だといえます。

 

社内でアロマサークルを開催

また社内の有志で集まって、アロマクラフトをするのも良いでしょう。

アロマテラピーアドバイザー資格は、インストラクターではありませんから、講座を開催することは出来ませんが、身近な仲間とアロマクラフトを楽しむことは可能です。

その時には、まさにアロテラピー検定1級で学んだアロマクラフトの知識が役立ちますから、そんな仕事が終わった定時後のサークル活動でも、アロマを活かすことできます。

まずは自分で出来そうな身近な取り組みから、無理なく始めてみましょう。

 

アロマの仕事で資格を活かす

アロマの仕事で資格を活かす

では続いて、アロマテラピー検定1級での得たアロマの資格が、仕事で活かそうと考えたときに、どのような使い道があるのか、その点について見て行きましょう。

先程は現在お勤めの社内での活かし方でしたが、今回は仕事や就職でどう活かしていくのかです。

 

履歴書への資格記載

まずは、就職や転職の際には、アロマテラピーアドバイザー資格を取得していることを、シッカリと明記しましょう。

一般的な就職先よりも、先の医療系や教育系の職場であれば、少なからず好印象を与えることが出来ます。

また時には、そんなアロマの資格を活かす仕事を得ることも可能でしょう。

ですから、アロマテラピー検定1級とアロマテラピーアドバイザー資格を履歴書や名刺に記載して、アピールするように心掛けましょう。

 

アロマショップの販売員

さらに、もっとダイレクトにアロマテラピーに関わる仕事に就きたいとお考えなら、アロマオイルなどの商品を扱っている会社へ、就職を希望されるのも良いでしょう。

アロマテラピー検定を主宰している、日本アロマ環境協会には、当社を含め数多くの法人会員が登録しています。

そのようなアロマテラピーに関わる会社であれば、なおさらアロマの資格を持っていることはプラス要素となり、関連する仕事が出来る可能性も高いです。

当社などでは、スタッフ全員がアロマテラピーの資格を有し、お客様からのアロマオイルに関する質問などにも、的確にアドバイスしています。

※アロマアドバイザー資格を持っている当スクールの店舗スタッフ
アロマアドバイザー資格を持っている当スクールの店舗スタッフ

 

リラクゼーションサロンへの就職

またもしあなたが、ボデイケアに興味があり、自然派の化粧品を扱っている会社への就職を考えたり、リラクゼーションのサロンへの勤務を望むなら。

そんな時にも、アロマテラピーアドバイザーの資格を、少なからずアピール出来るでしょう。

実際にはそれぞれの会社に、社員の教育課程があるでしょうから、すぐにその資格や役立つわけではありません。

ですがアロマテラピー検定で学んだ、精油の安全性については、共感できる部分も多いでしょうから、それらの仕事でもアロマの知識が役に立ってくれるはずです。

 

自分の仕事でアロマを活かす

自分の仕事でアロマを活かす

さらに、あなたが事業者として自分で仕事をしたいとか、アロマテラピーとは別な仕事をしており、その中でアロマを活かしたいとお考えなら、なおさらアロマの資格が役立つでしょう。

 

自宅サロンでアロマを活かす

比較的多いのは、自分で個人サロンを運営している方が、アロマテラピー検定1級を受けてアロマの資格を取得し、サロンの中で役立てることです。

もちろん、アロマテラピー教室を行おうとすれば、アロマテラピーインストラクターの資格が必要ですし、ボディセラピーにアロマを取り入れるなら、さらに上位のアロマセラピストの資格も必要です。

ですが、アロマテラピーアドバイザー資格でも、サロンの環境を整えたり、アロマクラフトは出来ます。

そんな今の仕事の幅を広げたり、サロンの環境を整える使い道として、アロマの資格を取得する人も多いです。

 

ハンドメイド雑貨にアロマを取り入れる

これは少し注意が必要なことですが、ご自分でハンドメイド雑貨の作成などを行っているなら、それらにアロマテラピー検定で学んだアロマクラフトも活かせるでしょう。

例えば多いのは、フリーマーケットなどで、香り袋(ポプリ)などの、手ずくりアロマ雑貨の販売などをしている方たちです。

ここであえてお申し上げておくと、その点では薬事法などの法令の順守が必須となりますが、その点もアロマテラピーアドバイザーとして学ぶべき内容です。

アロマテラピー検定1級では、アロマクラフトの実習などは求められませんが、テキストを見ながら自分で実践していけば、そんなスキルも仕事として役立てらるでしょう。

※ポプリにオリジナルの香り付けをしたり。
ポプリにオリジナルの香り付けをしたり。

 

恵美

綺麗なデザインのアロマキャンドル、お手製のアロマポプリなど。

今ではメルカリなどのフリマで販売されている方も、沢山いらっしゃいますよね。

 

アロマのプロへのステップアップに活かす

そして最後は、アロマテラピー検定1級取得を足掛かりとして、アロマのプロを目指すことです。

AEAJのアロマテラピーアドバイザー資格の良い点は、その後のプロになるためのアロマテラピー資格が、シッカリと用意されていることろです。

例えば、アロマハンドセラピスト資格は、1日の研修で取得することが出来ます。さらには、インストラクター資格を取得することで、講師としての活動も可能になります。

もちろん、上位資格はさらに難易度が上がってきますが、プロを目指すことを決められているなら、勉強は苦にならないでしょう。

※アロマハンドセラピスト講座の様子。
アロマハンドセラピスト講座の様子

 

恵美
アロマテラピー検定1級合格は、誰もがアロマのプロになるための通過地点でもあります。

志を高く持って勉強に取り組めば、あなたも必ず合格できますよ!

 

アロマテラピー検定後の資格の使い道

アロマテラピー検定後の資格の使い道

ここまで色々な実例をもとに、アロマテラピー検定1級に合格した後に、どのようにそのアロマの資格を仕事で活かすのか、いくつかの使い道を紹介してきました。

きっとあなたが望んでいる道筋も、紹介した中にあったのではないでしょうか。

 

公式テキストでアロマクラフトにチャレンジ

そこであえて申し上げておくと、折角これからアロマテラピーの勉強をしようとお考えなのですから。

アロマテラピー検定1級に合格するだけではなく、アロマ検定の公式テキストを見ながら、アロマクラフトなどにもチャレンジしてみて下さい。

アロマテラピー検定のテキストには、アロマクラフトの入門編といえるものが、いくつか紹介されており、そちらを見ながらも実際にクラフトを楽しめます。

こちらの「アロマテラピー検定の公式テキストと問題集の改訂とおすすめの利用法」でも、公式テキストの使い方は詳しく紹介しました。

ここまでの説明でもお解りのように、検定試験後にアロマの資格を仕事で活かせるのは、アロマクラフトなどが実際に出来る方だけです。

 

アロマの資格を活かせるかはコレで決まる

しかしながら、アロマテラピー検定1級の試験では、アロマクラフトの試験は無く、アロマクラフトが必須科目でもありません。

そのため、アロマオイルを使ったことが無い方が、マークシートの試験だけクリアして、アロマテラピーアドバイザーになってしまう。そんな問題も起きています。

でも残念ながらそれでは、自信をもってアロマテラピーアドバイザーを名乗れるはずもありません。

ですから、もしあなたが本気でアロマの資格を取得して、その後の仕事にも活かしていきたいと考えるなら、ぜひアロマクラフトに取り組んでみて下さい。

■こちらはアロマクラフトも出来る教材セットです。
アロマテラピー検定パーフェクトセット

 

恵美

テキストで紹介されるアロマクラフトは、それほど難しい物でもありませんし、香りに包まれる体験は、それだけであなたの感性を刺激してくれるものです。

そんな植物の香りと共に過ごす、アロマのある生活を始めてみて下さい。

 

■独学で検定合格を目指すなら、まずはこちらを参考にしてください。

 

■みんなで楽しくアロマを学ぶ、オンラインスクールも開催しています。

 

 

恵美

最後までお読みいただきありがとうございます。

「恵美メール♪」の登録はこちら(*^^*)♡

各種イベントや特別なお知らせをお送りさせていただきます。
ぜひご登録をお願いします。

 

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点など、こちらよりお気軽にお問い合わせください。