アロマテラピー検定2級を独学で受験する勉強方法!合格率や試験範囲など詳しく解説

アロマテラピー検定2級を独学で受験したい!勉強方法や範囲、合格率など必見
The following two tabs change content below.
アロマセラピスト 恵美

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

福島県会津若松市の、My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

マイアースも入会しているAEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)では、年に2回、アロマテラピー検定試験を開催しています。

検定には1級と2級がありますが、今回はアロマテラピー検定《2級》試験の内容や学習範囲、勉強方法についてお話します。

 

 

アロマ検定2級の試験内容(合格率や試験範囲)

アロマ検定2級の試験内容(合格率や試験範囲)

アロマテラピー検定2級で学ぶのは、『アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識』です。

検定試験は1級からの受験も出来ますが、「1級に受かるか心配」「アロマをじっくり学びたい」という方などは、まずは2級からチャレンジしたり、1・2級同時に受験している方も多いです。

試験は選択解答式(マークシート)で行われ、問題は55問、合格基準は正解率80%と高いですが、AEAJの公表では合格率はおよそ90%となっていて、合格率も高いので、独学でもしっかりと勉強すれば、十分に合格が目指せます。

 

 

2級試験の出題範囲(学科)

試験の問題は、AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)で発行されているテキスト、「アロマテラピー検定  公式テキスト2級」の内容から出題されます。

《出題範囲(2015年7月改訂版)》

  • アロマテラピーについて
  • 精油の基礎知識
  • 精油のプロフィール(対象10種類)
  • 安全な精油の使い方
  • アロマテラピー利用法
  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーと地球環境

 

2級の学習範囲では、アロマについての基礎知識や、日常の中での活用方法はもちろん、香りの歴史など、アロマを多方面から見て学んでいきます。

検定のテキスト、特に2級テキストは、内容を理解しやすいように写真やイラストが多く使われており、見ているだけでも楽しいですよ。

アロマテラピー検定2級公式テキスト   2級テキスト内容1
アロマテラピー検定 公式テキスト2級

 

 

香りテスト

学科の試験の他に、香りを嗅いで精油名を答える香りテストもあるので、試験勉強の際には実際に香りを嗅ぎながら覚えていきましょう。

2級で学ぶ10種類の精油をまとめた、検定用の精油セットがあるので、まずはそれを使って、いろんな香りに触れてみてください。

実際の検定試験の香りテストで配られる精油も、このザイズの小瓶なので、試験に慣れる練習にも良いですよ。

《香りテストの対象精油 10種類》

  • イランイラン
  • ペパーミント
  • オレンジ・スイート
  • ユーカリ
  • ジュニパーベリー
  • ラベンダー
  • ゼラニウム
  • レモン
  • ティートリー
  • ローズマリー

 

2級対応精油セット 10種類
2級対応精油セット 

 

 

アロマ検定2級の学習内容(テキストで学ぶこと)

アロマ検定2級の学習内容(テキストで学ぶこと)

アロマテラピー検定2級のテキストは、全部で7つの章で構成されています。

それぞれ章の初めに学習のポイントが書かれていますが、その内容は試験でも重要なポイントですので、ポイントを理解できているか、しっかりと確認していきましょう。

それではテキストではどんな事を学習するのか、その内容と範囲を一緒に確認していきましょう。

 

 

第1章:アロマテラピーについて

初めに勉強するのは、アロマを学び利用していくうえで基本になる、アロマテラピー精油に関する内容です。

アロマとは何か、精油とは何かをしっかりと理解し、香りの楽しみ方を学んでいきます。

特に、アロマテラピーや精油の定義について正しく理解することは、アロマを学んでいく中でとても大切です。

ラベンダー精油

 

 

第2章:精油の基礎知識

第1章で精油の定義や香りの嗅ぎ方について学びますが、第2章では精油について、もっと詳しく見ていきます。

精油のもつ性質や、心身へ与える作用、植物から精油を作る方法など、精油についての理解を深めていきます。

 

 

第3章:精油のプロフィール(対象10種類)

精油には何百もの種類があるといわれていますが、2級テキストでは、使いやすい10種類の精油について紹介されています。

その特徴や、原料植物、歴史やエピソードなど、内容も細かく混同しやすい部分ですので、一覧表穴埋めノートなどを作ったりと、勉強方法を工夫してみてください。

精油セットが手元にある方は、どんな香りがするのか香りを確かめながら覚えていきましょう。

勉強の合間に、その香りを嗅いだ時に感じた感覚や、どんな香りに感じたかを書き出してみるのも楽しいですよ。

精油のプロフィール
引用:アロマテラピー検定2級テキスト

 

 

第4章:安全な精油の使い方

アロマが初めての方からよく聞かれるのが、「精油は肌に塗っても大丈夫ですか?」という質問です。

精油は、有効成分を高濃度に含有しており、そのままでは刺激が強すぎるので、肌に直接塗ると肌荒れなどトラブルの原因になってしまうこともあります。

ここでは、そういったトラブルを起こさないよう、安全にアロマを楽しむために気を付けるべき注意点について学びます。

恵美
精油の使用量のガイドラインで紹介される、使用する精油の滴数や、希釈濃度も覚えておきましょう

 

 

第5章:アロマテラピー利用法

いよいよアロマテラピーの様々な楽しみ方や、化粧品の作り方について具体的に見ていきます。

芳香浴法など、「〇〇法」というアロマの使用方法や、道具や基材の名称や特徴もしっかりと覚えましょう。

2級のテキストでは、使い方や作り方が写真で詳しく紹介されていますので、出来そうなものがあったら、ぜひご自宅で試してみてくださいね。

器材セット  
ハンドメイド器材セット

 

 

第6章:アロマテラピーの歴史

アロマテラピーという言葉ができたのは、数十年前の1930年頃のことです。

フランス人科学者ルネ=モーリス・ガットフォセが、やけどの治療にラベンダー精油を使い、後に“Aromatherapie(アロマテラピー)”という本を著したことから「アロマテラピー」という言葉ができました。

この章では、アロマテラピーという言葉の誕生から、現在にいたるまでのアロマテラピーの歴史や、日本での広まりについて見ていきます。

ルネ・モーリス・ガットフォセ写真
Wikipedia参照:ルネ=モーリス・ガットフォセ、1940年

 

 

第7章:アロマテラピーと地球環境

アロマテラピーを学び利用する私たちにとって、植物と環境の関りを知ることはとても大切なことです。

現在の地球は、様々な環境問題を抱えています。過度な森林伐採や地球温暖化、大量のゴミ問題など、私たちには多くの課題があります。

植物が地球の環境や生物に与えてくたもの、それが今どうなっているのか、私たちに何が出来るのか、改めて見直しながら考えていきましょう。

 

 

アロマ検定2級 Q&A(お問い合わせなど)

アロマ検定2級 Q&A(お問い合わせなど)

いかがでしたか? 検定2級の学習内容が、ある程度お分かりいただけたでしょうか。

内容について見たところで、アロマ検定についてお問い合わせの多い質問をご紹介したいと思います。

 

 

独学で学習する期間は?

どれくらいの学習期間があればいいのか、というのは悩みどころですよね。

独学で受けた、という方の中には、「試験の申込をした後で勉強を始めた(1~2ヶ月)」という方もいれば、「1年以上かけて勉強した」という方もいます。

短期集中で時間が取れるのであれば、1~2ヶ月でも大丈夫かもしれませんが、なかなか大変ですよね。

独学の場合には、勉強にどれくらい時間が取れるか、という点が重要なので、ハッキリとした期間で決めず、ご自分のペースで無理なく進めていきましょう

恵美
検定試験は年に2回あるので、まずは勉強を始めてみて、自分が大丈夫だと思うタイミングで試験に臨めるといいですね

 

 

問題集は必要?

問題集に関しては、独学の方だけでなく、スクールの方にもおススメしています。

やはり、問題を解く、という事に慣れているかどうかでも、試験本番での緊張度が変わりますし、特に独学の方は、どういったところが試験に出やすいのかもチェックできます。

自分の得意・不得意や、見逃していたポイントを確認するためにも問題集はオススメですよ。

何冊も買う必要はありませんので、使いやすいと思った1冊を、何度もやりこんでみてくださいね。

アロマテラピー検定一発合格問題集 問題集
   アロマテラピー検定 問題集

 

 

アロマテラピー検定にチャレンジする方へ

アロマテラピー検定にチャレンジする方へ

検定試験について見てきましたが、アロマがまったく初めて、という方にとっては、難しく感じるかもしれませんが、アロマテラピー検定試験の合格率はおよそ90%と高い数値になっています。

検定試験は、アロマの正しい知識を身に着け、安全に楽しもうというのが目的でもありますので、肩の力を抜いて、アロマのある暮らしを楽しみながらチャレンジしてみてくださいね。

 

 

まずは2級から!これだけあれば安心の検定2級セット

当スクールでは、独学の方向けの教材も取り揃えています。

「2級からじっくり学びたい」「試験を受けるか分からないけどアロマを勉強したい」という方には、「アロマテラピー検定2級セット」がオススメです。

検定2級の公式テキストと10種類の精油がセットになっていて、これだけで勉強を始められます。

<セット内容>

  • アロマテラピー検定2級公式テキスト
  • アロマテラピー検定2級対応精油セット

アロマテラピー検定2級セット
アロマテラピー検定2級セット

 

 

1・2級どちらも学べる教材が全部揃ったフルセット

「まずは2級から、でもいずれ1級も受けたい」「とりあえず1級の内容も見てみたい」という方には、1・2級のどちらも揃った「アロマテラピー検定パーフェクトセット」がおススメです。

このセットでは、スクールならではの検定対策や、学習のポイントを取りまとめた、3つのオリジナル学習資料をお付けしています。

<セット内容>

  • アロマテラピー検定1級公式テキスト
  • アロマテラピー検定2級公式テキスト
  • アロマテラピー検定1級対応精油セット
  • アロマテラピー検定2級対応精油セット
  • アロマテラピー検定一発合格1,2級問題集

 

<独学受験用資料>

  • 歴史問題対策チェック項目
  • 精油問題対策チェック項目
  • 必勝!アロマテラピー検定対策

 

 アロマテラピー検定セット資料     
アロマテラピー検定パーフェクトセット 

恵美
アロマテラピー検定パーフェクトセットについてる「歴史問題対策チェック」「精油問題対策チェック」「必勝!アロマテラピー検定対策」は、私がスクールの受講生さんにお伝えしている、ここは絶対出る!という項目と、ここは学習不要!といった検定対策のポイントをまとめたマル秘資料です。試験当日の心得なんかも書いていますよ。

 

独学での受験についてもっと知りたい方はこちら↓

アロマテラピー検定を独学で勉強する際の注意点やメリットとデメリット

 

 

恵美

最後までお読みいただきありがとうございます。

「恵美メール♪」の登録はこちら(*^^*)♡

各種イベントや特別なお知らせをお送りさせていただきます。
ぜひご登録をお願いします。

 

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点など、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

アロマセラピスト 恵美

 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら