アロマテラピーアドバイザー資格を取得するための費用や手順

アロマテラピーアドバイザー資格を取得するための費用や手順
The following two tabs change content below.

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

福島県会津若松市の、My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

(公社)日本アロマ環境協会で一番身近なアロマテラピー資格といえば、アロマテラピーアドバイザー資格です。

これは、アロマインストラクターやアロマセラピスト資格を目指す上で、誰もが最初に取得するアロマテラピーの資格だといえるでしょう。

今回の記事では、そんなアロマテラピーアドバイザー資格を、取得するための、費用や手順について詳しく解説していきます。

これからアロマテラピーの資格取得を目指す方は、ぜひご覧ください。

 

アロマテラピーアドバイザー資格とは

アロマテラピーアドバイザー資格とは

最初に基本的なところだけ、簡単にお話ししましょう。

それは、そもそもアロマテラピーアドバイザーとはどのような資格で、どんな手順で取得が可能なのかです。

 

アロマテラピーアドバイザーとは

まずは、(公社)日本アロマ環境協会(略:AEAJ)のホームページから、アロマテラピーアドバイザー資格について引用します。

アロマテラピーアドバイザーとは、アロマテラピーの基本知識を正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。 精油の正しい使用方法やアロマテラピーに関する法律の知識を習得し、安全なアロマテラピーの楽しみ方を一般の方にアドバイスできる専門人材です。

(公社)日本アロマ環境協会引用:アロマテラピーアドバイザーとは

ポイントは、アロマテラピーに関連する法律的な知識を持ち、一般の人に安全な使い方をアドバイスできる人材だといえるでしょう。

アロマテラピーについて、自分だけではなく、人に助言できる専門家としての資格です。

 

恵美

(公社)日本アロマ環境協会(略:AEAJ)は、は内閣府に公益認定された、アロマテラピー関連で唯一の公益法人です。

一般の会社が付与する資格とは一線を画す団体なので、アロマテラピーアドバイザー資格も、取得できると自信が付きますよ。

 

アドバイザー資格を取得する手順

独学に限らず、このアロマテラピーアドバイザー資格の取得を目指す上で、どのようなステップで進めていけば良いのか。

まずはその手順を、ザックリと見て行きましょう。

 1、アロマテラピー検定1級に合格
     ↓
 2、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講
     ↓
 3、AEAJに入会
     ↓
 4、アロマテラピーアドバイザー資格を取得

 

恵美
はじめての方でも解り易いように、とってもシンプルに記載しましたが、この4ステップを越えていけば、アドバイザー資格が取得できます。

私自身も同じように、通ってきた道ですよ。

 

アドバイザー資格は上位資格への足掛かり

いかがですか?まずは、アロマテラピーアドバイザー資格がどのようなものか、お解りいただけたでしょうか。

また、どのような手順で資格取得を目指せばいいのかも、全体像は掴めたと思います。

このアロマテラピーアドバイザー資格を取得すると、さらに上位のインストラクターやセラピスト資格へと進めます。

では、次項から資格取得のための費用や、独学での取り組みについて、詳しく解説していきましょう。

 

独学でアドバイザー資格を取得する

独学でアドバイザー資格を取得する

独学でアロマテラピーアドバイザー資格を得るなら、どんな学習が必要か、その点から詳しく説明して行きます。

 

アロマ検定は独学かスクールか?

アロマテラピーアドバイザー資格を取得するために、最初に越えなくてはならないハードルは、アロマテラピー検定1級に合格することです。

この検定試験は年に2度、5月と11月に行われますが、こちらに合格していることが、アドバイザー資格の必須条件となります。

アロマ検定の学習は、主に「自分で独学する」か「アロマスクールで学ぶ」かのどちらかとなります。

費用や時間的な制約を考えると、やはり独学でアロマ検定に臨む方はとても多いです。

そのメリットやデメリットについては、こちらの「アロマテラピー検定を独学で勉強する際の注意点やメリットとデメリット」で紹介していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

恵美

スクールで開催されている、アロマテラピー検定対策講座については、最後にその様子を紹介した記事をご紹介しますね。

まずは、独学でアロマテラピーアドバイザーの資格を取得する方法を、詳しく見て行きましょう。

 

アロマ検定の独学勉強法

ちなみに、アロマテラピーアドバイザー資格を取得する上で、独学で対応できるのは、このアロマテラピー検定の学習のみです。

合格後に受講するアロアテラピーアドバイザー認定講習会は、協会認定のアロマスクールで受講することが義務付けられているので、独学では対処できません。

ですから、アロマテラピーアドバイザー資格を独学で取得するとは、このアロマ検定1級に独学で合格することだと考えて下さい。

なお詳しい勉強法は、こちらの「アロマテラピー検定1級・2級の独学勉強方法!やり方や範囲など必見」で解説しています。

 

アロマテラピー検定の合格率や難易度について

アロマテラピー検定1級が必要なことは解っても、実際には独学で合格できるのか、不安な方も多いでしょう。

そこでこちらの「アロマテラピー検定1級の難易度と合格率が90%の理由について解説」で、検定試験の難易度や合格率について、詳しくお話ししています。

これもズバリと申し上げるなら、シッカリと勉強さえすれば、独学で充分合格が可能です。

それに、アロマテラピーアドバイザー資格を取得している方の大半は、独学で検定に合格して方々ですから、心配しなくても大丈夫でしょう。

 

恵美

現在では、8割から9割の方が、独学で受験してアロマテラピー検定1級に合格しています。

上位資格を目指す方は、100点での合格を目指すぐらいの気持ちで勉強すると、後の資格の勉強も楽になりますよ。

 

資格取得のための費用について

資格取得のための費用について

ここからは、アロマテラピーアドバイザー資格を取得するための費用について、詳しく解説していきます。

 

資格取得に掛かる費用は5種類

アロマテラピーアドバイザー資格取得までに掛る費用を、項目別に並べてみます。

  1. アロマ検定学習費用(教材費、スクール受講料など)
  2. アロマテラピー検定受験料(1級 6,600円、税込)
  3. アロマテラピーアドバイザー認定講習会受講料(5,236円、税込)
  4. 協会会費(入会金:10,000円/年会費:12,000円、非課税)
  5. アロマテラピーアドバイザー資格登録認定料(10,450円、税込)

カッコ内に金額が記載されている物は、独学で勉強するか、スクールで学ぶかに関係なく、アドバイザ資格取得に一律で掛かる費用です。

 

恵美

資格取得にかかる諸費用だけでも、結構な額になりますよね。

ちなみに、3番以降はアドバイザー資格の取得を希望される方だけが必要なので、検定1級を取ってアロマの勉強を終える方もいらっしゃいますよ。

 

一律に掛かる費用と独学教材費

注意点として、アロマテラピー検定の受験は、1級のみを合格すれば大丈夫ですが、2級との併願受験をされるなら13,200円(税込)となります。

ですから、アドバイザー資格取得のために、最低限に掛かる諸費用をまとめると「合計:44,286円」です。

こちらは、資格取得のために必ずかかる費用となり、それ以外に、アロマテラピー検定合格のための教材費や、スクールでの受講料が必要となります。

アロマテラピー検定に、独学でチャレンジする際の教材費については、続いて詳しく見て行きましょう。

 

アロマ検定の教材費について

アロマ検定を独学で受るといっても、何を目的に受験するかによって、必要な教材も変わってきます。

解り易く3つのタイプに分類して、必要な教材と費用を表記します。クリックするとそれぞれの詳細ページが見れますよ。

 

■コスト優先タイプ:公式テキスト&問題集(合計:4,070円)

これはとにかく費用を抑えて資格を取る方で、アロマオイル(精油)さえも触れずに試験に挑む方です。

利点は費用が最低限で済むことですが、香りテストは捨てる覚悟が必要なのと、資格を取ってもアロマオイルを扱えないままです。

 

■自己利用タイプ:公式テキスト&問題集+精油セット(合計:9,160円)

こちらのテキストと問題集に、アロマオイルがセットとなった教材は、自分でアロマテラピーを楽しみたい方が、よく利用されます。

自分の知識の向上や、アロマオイルを安全に利用したい方が多く、自宅でアロマライトなどを使用して楽しまれる方が多いようです。

 

■実力習得タイプ:実習も出来る教材セット(合計:13,580円)

実習が出来るように、すべての教材が揃ったこのセットは、最初から上位資格を目指す方や、アロマテラピーを本格的に習得したい方が利用されます。

アロマテラピーのアドバイザーとして、必要な技術や知識が学べますから、こちらのセットなら検定試験の合格も難しくはないでしょう。

 

恵美

どれにしようか迷っていたり、絶対に一回で合格したいという方には、実力習得タイプで紹介している、実習まで出来るセットの方が良いですよ。

詳しい理由はこちらの「アロマテラピー検定1級ならこの精油付きの教材キットで一発合格!」でお話ししています。

 

上位資格の取得を考えている方へ

先の諸費用(44,286円)に、上記の教材費を合計した結果が、アロマテラピーアドバイザーの資格取得にかかる合計費用となります。

ただ正直申し上げると、いくら独学だからと言っても、最初の「コスト優先タイプ」はお勧めしません。

というのも、検定試験に合格できても、実際にアロマオイルを使うことが出来ないので、アロマテラピーアドバイザーとして活躍することは到底無理だからです。

折角、アロマテラピーアドバイザー資格を目指すのですから、最初からアロマオイルを使えるように、検定の勉強を進めましょう。

 

アロマ検定の学習で重要な補足

アロマ検定の学習で重要な補足

ここまで、アロマテラピーアドバイザーとはどのような資格か、そして取得するための手順や、独学で掛かる費用についてお伝えしましたが、お解りいただけたでしょうか?

それではここからは、何点か内容を補足しておきましょう。

 

2020年のアロマ検定オンライン化

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、コロナ禍の影響で、2020年のアロマテラピー検定より、オンラインでの検定試験となりました。

今後、コロナ感染症が落ち着けば、また全国の会場での受験が始まるかもしれませんが、現時点(2021年2月)では状況がまだ見通せません。

ついては、こちらの「2020年アロマテラピー検定試験の変更点(会場、香りテスト、合格発表)」に、オンライン試験の詳細などが載っていますので、参考までにご覧ください。

リアル開催のアロマテラピー試験とは、いくつも違う点がありますから、一度目を通していただいた方が良いでしょう。

 

恵美

アロマテラピー検定が、オンラインで受験できるようになったことで、確実に会場に行くまでの時間と費用は掛からなくなりました。

検定が身近になったことはとても良いことですが、難易度は少しだけ上がったので、その点は注意してくださいね。

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習会について

また、同様に検定試験合格後に受講する、アロマテラピーアドバイザー認定講習会も、オンラインでの受講が可能となりました。

実は上位資格を目指す方にとって、この認定講習会をどのスクールで受けるかは、とても重要な要素となります。

そんな認定講習会についても、こちらの「アロマテラピーアドバイザー認定講習会の選び方(オンライン講座)」で詳しく解説していますから、ご覧ください。

上位のインストラクターやセラピスト資格を得る上での道筋が、自然と見えてくると思います。

 

恵美
アロマを楽しみながら勉強したいとか、三日坊主な方、今後インストラクターとして活躍したい方は、スクール主催のアロマテラピー検定対策講座の受講も考えてみて下さいね。

こちらの「アロマスクールのオンライン講座って実際のところどうなの?」では、その様子も詳しく紹介していますよ。

 

アドバイザー資格の更新費用について

時折り「アロマテラピーアドバイザー資格に更新はありますか?費用はおいくらですか?」と質問を受けることがあります。

これも大切なことなので、その点についても、予めここで記載しておきましょう。まずAEAJのアロマテラピー資格については、資格更新に費用や手続きはありません。

必要なのは、AEAJの会員として年会費(12,000円)を支払い、継続して所属することです。

それが出来ないと、資格を失効することとなり、再度資格取得の際に、入会金と資格登録認定料が掛かります。

 

資格取得後の活動について

資格取得後の活動について

それでは最後に、実際にアロマテラピーアドバイザー資格を取得した後に、どのようにその資格を活かしていけば良いのか、その点を紹介して終わりましょう。

こちらをご覧に成れば、資格取得後の目標もイメージし易いでしょう。

 

アドバイザー資格でできること

アロマテラピーアドバイザー資格を取得すると、どのようなことが出来るのか?まずはその点をシッカリと確認しておきましょう。

特にアロマの講師として活動したり、アロマトリートメントを仕事にしたいなら、さらに上位の資格が必要になってきます。

まずはアロマテラピーアドバイザー資格で、「できること」と「できないこと」を予め理解して起きましょう。

詳しくはこちらの「アロマテラピーアドバイザー資格で「できること」と「できないこと」」にまとめています。

 

恵美

アロマテラピーの勉強をして、自分でハンドメイド雑貨を作り、販売したいという人も近年増えています。

その点についても、注意点をまとめているので、気になる方はぜひ目を通してくださいね。

 

就職活動で履歴書に記載すること

以前から多いのは「求職の際に履歴書に、アロマテラピーアドバイザー資格を書いた方が良いのか?」という相談です。

この件に関しては、詳しい説明をこちらの「履歴書にアロマテラピー検定1級やアドバイザー資格を書くべきか?」で紹介しています。

これは仕事を探すだけではなく、自分で独立して事業を始める上でも大切なことです。

将来的にアロマテラピーに関する仕事をしたい人は、必ずチェックしておきましょう。

 

アドバイザー資格の仕事での活かし方

そして最後は、実際にアロマテラピーアドバイザーに成ってから、どのようにその資格を仕事などで活かせばいいのか、その内容についてです。

こちらの「アロマテラピー検定1級で得たアドバイザー資格を仕事で活かす使い道」で詳しく解説しています。

ご覧いただければ、アドバイザー資格でどのような活動が出来るのか、その点も明確になるでしょう。

実際にスクール運営のアロマ雑貨店で働いている、スタッフの話をもとに紹介して行くので、なおさら身近に感じられると思います。

 

恵美

いかがでしたか?今回はアロマテラピーアドバイザー資格を取得するための、費用と手順について紹介し、さらには取得後についても少しお話ししてきました。

この資格はすべてのアロマテラピー上位資格の入り口ですから、ぜひ取得を目指して頑張ってください。

 

 

恵美

最後までお読みいただきありがとうございます。

「恵美メール♪」の登録はこちら(*^^*)♡

各種イベントや特別なお知らせをお送りさせていただきます。
ぜひご登録をお願いします。

 

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点など、こちらよりお気軽にお問い合わせください。