アロマテラピーアドバイザー資格で「できること」と「できないこと」

アロマテラピーアドバイザー資格で「できること」と「できないこと」
The following two tabs change content below.

アロマセラピスト 恵美

アロマテラピースクール My Earth
 2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。 お問い合せはこちら

いつもありがとうございます。 

福島県会津若松市の、My Earth  アロマテラピースクール  アロマセラピスト 井上恵美 です。

(公社)日本アロマ環境協会には、アロマテラピーアドバイザーをはじめ、アロマテラピーインストラクターやアロマセラピストなど、様々な資格があります。

誰もが最初に取得するのは、アロマテラピーアドバイザー資格ですが、この資格ではどのようなことが出来るのでしょうか?

今回の記事では、アロマテラピーアドバイザー資格で「できること」を紹介しつつ、解り易いように「できないこと」も合わせてお話ししていきます。

これにより、自分に必要なアロマテラピーの資格も明確に成ってくるでしょうから、最後までご覧くださいね。

 

アロマテラピースクール マイアースの紹介

アロマテラピーアドバイザーとは

アロマテラピーアドバイザーとは

この記事をご覧の方は、すでにアロマテラピーアドバイザー資格がどのようなものかは、おおよそお解りだと思いますので、ここはサラッとお話ししますね。

 

AEAJ認定のアロマテラピー資格

アロマテラピーアドバイザーとは、(公社)日本アロマ環境協会が認定する、最初のアロマテラピーについての資格で。

アロマテラピーに関する知識を持ち、アドバイザーとして、周囲の人に安全なアロマテラピーの利用法を、アドバイスすることができる専門家として認定するものです。

ですから一言でいうなら、自分だけでアロマテラピーを使うのではなく、アロマに関する知識を社会で役立てることが出来るのが、アロマテラピーアドバイザーのできることです。

ただお解りのように、アロマテラピーに関することなら、何でも出来る訳ではないので、今回はその点について、これから詳しく解説していきます。

 

資格取得のための費用や手順

なお、もしまだアロマテラピー検定やアドバイザー資格について解らない人は、こちらの「アロマテラピーアドバイザー資格を取得するための費用や手順」を先にご覧ください。

こちらの記事では、アロマテラピーアドバイザー資格を取得するための手順や費用についても、詳しく解説しています。

もちろん、検定を受ける前や資格を取る前に、何ができることで、何ができないことなのかを、あらかじめ知っておくのも大切なことです。

ただ、資格取得のための全体の流れぐらいは、ご確認いただいた方が、今後の話も解り易いと思うので、その点はチェックしておいて下さい。

 

クリックして講師プロフィールへ アロマスクール マイアース スタッフ紹介

アドバイザー資格でできること

アドバイザー資格でできること

では具体的に、どのようなことがアドバイザー資格でできるのか、大きく3種類のできることについて、お話ししていきましょう。

 

1,自分でアロマテラピーを活用する

まず、アロマテラピーアドバイザーなら、検定1級に合格できているので、もちろんその知識を活かして、自分の生活でアロマテラピーを活用することが出来ます。

それは、部屋で精油(エッセンシャルオイル)を焚く芳香療法だけではなく、バスボムを作ったり、蜜蝋クリークを作って利用するなど、アロマクラフトもできることの内です。

また、家族へのハンドトリートメントや、ボディトリートメントも、アロマテラピー検定の知識が在れば、ある程度は実践できます。

その点は自分でというよりも、自宅でアロマテラピーを活用できる資格だと捉えて良いでしょう。

 

恵美

家族へのアロマトリートメントは、アロマテラピー検定1級に合格しているなら、それもできますよね。

身体の筋肉や皮膚については、さらに上位資格で学びますが、そこまでの知識が無くでも、十分に癒されますから。

 

2,アロマに関する人へのアドバイス

アロマテラピー検定1級に合格してできることは、自宅でアロマテラピーを活用するところまでです。

ですが、アドバイザー認定講習会に参加して、アロマテラピーアドバイザー資格を取得すれば、他人にもアロマテラピーに関するアドバイスが出来るようになります。

具体的には、友人や知人などアロマテラピーに興味を持った方に、精油の安全な使い方や、アロマクラフトのやり方なども、気軽にアドバイスすることができるでしょう。

ポイントは、あくまで他人がアロマテラピーを利用するための「助言」が、アドバイザーとしてできることであり、アロマテラピーの「指導」や「講習」ではないことです。

 

恵美
これはとても微妙な違いですが、アロマを利用する上での主体が、誰に在るのかが大切ですね。

あくまでアロマを使う人の、お手伝いができるということです。

 

3,アロマテラピーで環境を整える

そして意外と忘れがちですが、(公社)日本アロマ環境協会の認定する、アロマテラピーアドバイザー資格ですから、もちろんアロマテラピーを利用した癒しの環境作りのアドバイスも出来ます。

これは後ほど、仕事でのアドバイザー資格の役立て方で、いくつもの事例を紹介するので、詳しくはそちらを参考にしてください。

簡単だけ、にできることを1つ、2つ紹介するなら、アロマテラピーの芳香療法を使って、その季節に適した精油の種類や、その場所や用途に応じた精油の使い分けをし、環境を整えるようなことも可能です。

エッセンシャルオイルの種類についての知識を持っている、アロマテラピーの専門家だからこそできるアドバイスですね。

 

クリックするとオンライン講座一覧へ オンラインのアロマテラピー講座も開催

アドバイザー資格でできないこと

アドバイザー資格でできないこと

次にアロマテラピーアドバイザーが出来ないことを書いておきます。こちらをご覧いただくことで、なおさらどこまでができることなのか、その点が理解し易いでしょう。

 

アロマ雑貨の販売について

先程、自宅でアロマクラフトを楽しむことは、アロマテラピー1級の知識があるとできることだと申し上げましたが、それを人に販売するとなると注意が必要です。

もちろん、アロマテラピーアドバイザーの資格を持っていれば、その点は心得ていると思いますが、アロマ雑貨の販売については、必要に応じて薬事法などの制限が掛かります。

例えば、ポプリなどやアロマキャンドルなどは、あくまで雑貨として販売できますが、蜜蝋クリームやトリートメントオイル、石鹼などは薬事法に沿った品質管理と届け出が必要です。

その点は、アドバイザー資格に限らず、アロマの資格を持っているだけでは出来ないことなので、十分注意しましょう。

 

恵美

あくまで自宅で、自分や家族が利用する上では、特に問題ありません。

ですが他人に販売するとなると、ポプリやキャンドルでも、製造物責任法を含め、厳しい手続きや管理が必要で、重い責任も伴います。その点はシッカリと意識しましょう。

 

アロマ教室の開催について

アロマテラピーインストラクター資格があることからもお解りのように、アロマテラピーアドバイザー資格では、アロマ教室などの開催は出来ません。

例えば、これが知人を募り、自宅で無料のアロマクラフトワークショップを開催するなら、まだアドバイザーとしての資格で対応できることでしょう。

あくまで材料費は各自が負担して、それ以外の講師料や参加料などを取らないのなら、それは各自が主体となりアロマクラフトを行い、その作り方のアドバイスをするぐらいで済むからです。

しかしこれが、自宅でもアロマテラピー教室や講座として開催するのなら、アロマテラピーインストラクターの資格が必要になってきます。

 

恵美

1つの目安としては、講師料や参加料を徴収するかどうかです。

ですが例えば、無料のボランティアとして行うアロマ教室でも、あくまで講師としての活動なら、インストラクターの資格が必要に成りますから、その点は注意しましょう。

 

他人へのアロマトリートメント

自宅で家族に対してアロマトリートメント行うだけなら、大きな責任を負うこともありませんから、アロマテラピーアドバイザー資格があればできることです。

ですが、他人に対して施術するとなると、更なる知識と経験が必要となり、やはりそれに伴う法規制についても学ぶ必要があります。

ですから、他人へのアロマトリートメントについては、アロマハンドセラピストや、アロマセラピスト資格が必要だということを、覚えておいてください。

これは有料、無料に限りません。他人にしていて行う、アロマトリートメントに関しては、それだけ重い責任が伴うことを心得ておきましょう。

ボランティアとして、被災地でアロマハンドトリートメントする時にも、ハンドセラピストの資格を得てから行ってください。

 

恵美

アロマハンドセラピスト資格は、1日の講習で取得できる資格ですし、費用も高くはないので、予め取得しておくと色々な場面で役立ちますよ。

詳しくはこちらの「アロマハンドセラピスト養成講座【オンライン開催】」をご覧ください。

 

アドバイザーが就職や仕事でできること

アドバイザーが就職や仕事でできること

ここまで、できるだけ解り易いように、アロマテラピーアドバイザー資格で「できること」と「できないこと」について、解説してきました。

では最後に「こんなこともできるのですよ」という意味を含めて、2つほど紹介して終わりにしましょう。

 

就職では履歴書に記載できる

当然ながら、アロマテラピー検定1級やアロマテラピーアドバイザー資格については、求職活動の際の履歴書に記載することが出来ます。

こちらの「履歴書にアロマテラピー検定1級やアドバイザー資格を書くべきか?」でもその点については、詳しく解説しましたが、とても重要なことです。

先に紹介したように、アロマテラピーアドバイザー資格は、最初に取得できる資格ですが、ここからが社会に役立てるアロマテラピーの専門家としての第一歩です。

ですから、就職の際にはシッカリと履歴書にアロマの資格を記載して、自分の専門性をアピールしていきましょう。

 

資格を仕事で活かす使い道

意外だと思うかもしれませんが、アロマテラピーアドバイザー資格を取得すれば、職場や仕事でできることは多岐に渡ります。

でもなかなか自分一人では、いいアイデアが湧かないものなのですよね。

ですから、こちらの「アロマテラピー検定1級で得たアドバイザー資格を仕事で活かす使い道」では、そんなアドバイザー資格の使い道について、いくつも実例を紹介しました。

そちらの記事をご覧いただけば、この資格でできることが、いかに多いのか理解するでしょう。この資格を活かせるかは、あなた次第だといても過言ではないのです。

 

恵美

いかがでしたか?もしあなたが、まだアロマを始めていないなら、ぜひこの機会にアロマテラピー検定の受験から始めてみて下さい。

こちらの「AEAJアロマテラピー検定1級の試験範囲とおすすめの勉強法」では、そんな方のために、独学での勉強法も詳しく紹介していますよ。

 

 

恵美

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

アロマスクールやアロマ検定に関するご不明点などは、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいね。

アロマテラピー検定パーフェクトセット

嬉しい声が続々と届いていますよ♪
ご利用いただいた方の感想はこちら